禁断のクレジットカード「MagSpoof」、誕生のきっかけは予測できる再発行番号「彼らはこの問題を深刻に考えていない」(カムカー氏)

1つのデバイスで複数のクレジットカードに成り済ますことできる“オープンソースハードウェア”の開発者が、そのきっかけとなったクレジットカードアルゴリズム問題を発見した経緯を米TechTargetに語った。

2015年12月22日 08時00分 公開
[Michael HellerTechTarget]
再発行カードの脆弱性問題 この話、今のところAmerican Expressだけということになっているが。

 米American Expressが使用しているアルゴリズムに問題となり得る脆弱(ぜいじゃく)性があることをネットワークセキュリティの研究者であり“実践者”でもあるサミー・カムカー氏が発見した。カムカー氏は、この脆弱性によって古いカード情報に基づいて再発行したカードの情報を予測できたという。

 きっかけは、American Expressのカードを紛失したときに再発行した新しいカード番号だった。「再発行カードの番号が紛失したカードの番号と酷似していることに気が付いた」とカムカー氏は自分のブログで報告している。

 そこで、カムカー氏は他に所持していたAmerican Expressのカードや友人のAmerican Expressのカードと比較してみた。その結果、既に紛失したり盗難にあったりしたカードでも、完全なカード番号が分かれば再発行したAmerican Expressのカード番号を正確に予測できる普遍的なパターンが見つかったとカムカー氏は話している。


ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...