2015年10月26日 08時00分 公開
特集/連載

「指紋データを盗まれても指紋は変更できない」問題に悩むセキュリティ業界鍵や決済など使用用途が増える指紋認証

米政府人事管理局(OPM)で発生した情報漏えいの事件により、指紋認証の安全性が疑問視されている。3人の専門家に指紋認証の安全性について聞いた。

[Brian HolakTechTarget]
米政府人事管理局(OPM)が発表したニュースリリース《クリックで拡大》

 私たちの指紋は完全に自分だけのものである。だが、それが違っていたらどうだろうか。

 米政府人事管理局(OPM)で発生した大規模な情報漏えいにより560万個の指紋が盗まれた事件が最近のニュースで取り上げられていた。この事件は、私たちの指先にある一意の識別子である指紋を他人が保持している可能性を示唆している。これは企業にとってどのような意味を持つのだろうか。

 セキュリティの専門家が指摘するように、生体認証の不変性は、最高の資産であると同時に最大の課題でもある。指紋、網膜、声紋は、パスワードのように交換することができない。つまり、一度悪用されると正常な状態に戻すのは困難だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

営業担当者が顧客とのやりとりに使っている時間は業務時間の54%――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...