予想の斜め上を行く「ウェアラブルデバイス」登場、Apple Watchはどうなる?「Levi's」が世界とつながる日

ウェアラブルと聞いてまず思い浮かぶのはスマートウォッチかもしれないが、これからは頭からつま先まで全身にテクノロジーをまとうことになる。

2016年03月03日 08時00分 公開
[Matt SchulzTechTarget]
2016年2月にあったモバイルテクノロジーイベント「Mobile World Congress 2016」では、スマートウォッチの展示が激減し、それに代わる新しいウェアラブル端末が数多く登場したという

 最先端のスマートウォッチにコネクテッドジーンズ、仮想現実ヘッドセットなど、2016年もウェアラブル端末市場は活況を呈しそうだ。最近では、ファッションと機能性を重視した製品がウェアラブル端末市場に参入しつつある。このトレンドの先頭にいるのがIntelで、高級時計メーカーのTAG Heuer、アクセサリーデザインのFossilと組み、装身具としても通用するスマートウォッチとブレスレットを共同で開発している。だが、2016年は新しいスマートウォッチ以外にも多彩な商品が続々と登場する予定だ。

 デジタル接続可能な布地の開発により、服装のどこにでもセンサーを搭載できるようになった。アパレル大手Levi'sはGoogleと組み、導電性のある繊維を使ってインターネットにアクセスできる世界初のスマートジーンズを開発しており、2016年秋の発売を目指している。Samsung Electricもスマートスーツでウェアラブル端末市場における事業展開を拡大しようとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...