Apple Watch、仕事で使いたいアプリが一向に登場しない理由は?アイデアはあるのに使えないもどかしさ(1/2 ページ)

ウェアラブルデバイスのビジネス利用について多くのユーザーが将来性のあるアイデアを数多く提案しているのに、ユーザーが使いたいと思えるビジネスアプリが一向に登場しない。その理由と解決策を考える。

2016年02月17日 08時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
話題のウェアラブルデバイスほどビジネスシーンで使うのが難しい。その理由の1つが「メーカーにある」と関係者はいう

 個人だけでなく企業にもウェアラブルデバイスを普及しようと本当に考えているなら、メーカーは「それは自分たちの役割ではない」という考えは捨てて、ビジネスでウェアラブルデバイスを使ってもらうために必要なことに取り組むべきだ。しかし、現時点ではそのようは動きはほとんどない。

 ウェアラブルデバイスの強みは、小型かつ軽量で使いやすいモバイルデバイスであるがゆえに、ユーザーがハンズフリーで仕事を遂行できることにある。特に、スマートウォッチはデータを収集し分析する強力なセンサーを搭載しているので、分析したデータをコンピュータやその他のデバイスにワイヤレスでフィードバックできる。このような機能は、ウェアラブルデバイスがビジネスシーンでも優れたツールになる可能性を示している。

 「しかし、それはまだ実現していない」とフロリダ・アトランティック大学でCTOを務めるメヘラーン・バシラトマン氏は述べる。「関係者は技術を表面的に論じているだけにすぎない」とバシラトマン氏は続ける。「だが、私はビジネスシーンで大きく成長する可能性があると考えている」

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。