2016年07月24日 07時00分 UPDATE
特集/連載

歴代のVAIOシリーズの価値を持ち合わせているのか徹底レビュー:「VAIO S」はビジネス最強PC? 過酷な環境に耐えるスペックを検証 (1/4)

VAIOの「VAIO S」は、過酷なビジネスシーンでも耐えられる構成のクライアントPCだ。だが、VAIOシリーズの高い品質は満たしているのだろうか。またその価格はふさわしいのだろうか。

[Jamison Cush,TechTarget]
標準的なビジネス向けクライアントPCのVAIO S《クリックで拡大》

 VAIOの「VAIO S」は、過酷なオフィス環境にも耐えられる堅牢な造りになっており、有り余るほどのパワーを兼ね備えている。ビジネスユーザーには最適だが、それ以外のユーザーには安価な選択肢が他に幾つも存在している。同社の「VAIO」デバイスは、ソニーがVAIOブランドを切り離してからそれほど大きく変わっていない。新型のVAIOデバイスは全て同じ特徴を備えており、高品質な構造とプレミアム価格という点も一様だ。

 このことはVAIOの「VAIO Z Canvas」と「VAIO Zフリップモデル」にも当てはまる。どちらも高額だが、それに見合う特徴的な設計と機能が備わっている。だが、VAIO Sについてはどう判断すれば良いのだろうか。VAIO Sは、基本的なモデルでIntelの第6世代「Core i5」プロセッサと8GBのRAMを内蔵する構造的にもビジネスシーンでの使用に耐えられる構成だと1099ドル(13万6800円、以下全て税別)だという。端子をフル装備し、タッチパネルは非搭載という癖のないクライアントPCだ(日本ではタッチパネル搭載にカスタマイズ可能)。

 VAIO Sは、歴代のVAIOクライアントPCやVAIOシリーズの他のデバイスが築いてきた高い水準を満たしているのだろうか。この薄型クライアントPCは、その価格にふさわしいものなのだろうか。本稿では、それを検証する。

構造とデザイン

       1|2|3|4 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...