2017年06月02日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド交流を促すモバイルエクスペリエンスの構築

モバイルエクスペリエンスでは、顧客の獲得とつなぎとめ、サービス提供の新たなチャンスが開ける。

[Jeffrey Hammond,Computer Weekly]

 2020年末までに、世界の消費者の91%がスマートフォンを保有するようになる見通しだ。だがモバイルチャネルは、サポートすべき機器がもう1つ加わっただけという単純なものではない。これは新しい関わり方への大きなシフトであり、コンテキスト認識アプリケーションやスマート製品を通じて企業が顧客やパートナー、従業員を後押しする一助となる。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 モバイルはインフラと運用、セキュリティとリスク管理、エンタープライズアーキテクチャを含め、開発作業のほぼ全分野に影響を及ぼす。モバイルエクスペリエンスの開発には困難も伴うが、顧客の獲得とつなぎとめ、サービス提供の新たなチャンスとなる。

モバイル思考へのシフト

 アプリケーション開発のプロフェッショナルは、企業のモバイル戦略確立における中心的な役割を担う。理由は単純だ。誰もがモバイルを求めている。組織は顧客との交流、ビジネスプロセスの拡張、コミュニケーション向上、営業日の延長、素早い意思決定などのエクスペリエンスを望んでいる。

 どのアプリを購入してどのアプリを開発し、それをどう実現するかを誰かが決めなければならない。そのためには開発者が必要だ。モバイル思考へのシフトは単なる開発プラットフォームの進化にとどまらない。顧客との関係は個々に孤立した関わりから、エクスペリエンスのエコシステムの演出へと拡張する。

 そのためにはビジネス部門との連携や、顧客や従業員との直接的な関係の構築が必要になる。これはまた、買収や調達戦略を見直すことでもある。

 このシフトは複雑で、多次元の問題を伴う。まず第1に、コンテキストや即時性は、新しい種類のエクスペリエンスを可能にする。例えばホテルのフロントに立ち寄らなくても部屋の鍵を受け取ることができたり、ランニングアプリ内蔵のコーチのおかげで10キロランの自己ベストを更新できたりするかもしれない。モバイル端末は個人に関する膨大なコンテキストを利用できる。そのコンテキストは魅力的なエクスペリエンスを通じて価値を提供する機会をつくり出す。

 第2に、

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...