2017年06月12日 15時00分 公開
特集/連載

市場に700社超 今こそ知りたいIoTプラットフォームの正しい選び方混迷を極める業界(1/2 ページ)

本稿ではIoT導入に関わるコンサルティング業務を営むOIES ConsultingのCEOがIoTプラットフォームの選択に関して私見を述べる。

[Francisco Maroto,TechTarget]

関連キーワード

PaaS | M2M | IoT(Internet of Things)


OIES OIES ConsultingのWebサイト《クリックで拡大》

 OIES Consultingを設立したのは2013年後半だが、このとき私は、その会社で提供する最も有用なサービスはモノのインターネット(IoT)プラットフォームの選択であり、(正しい)選択を行うことで、IoTの普及を加速させたい顧客は、より多くの利益が確実に得られると考えていた。

 このころ私が特定していたIoTプラットフォームベンダーは約60社だった。そして、このテーマに特化した一部のアナリストのレポートとは違い、業界は非常に混とんとしていた。現在、混乱はさらにひどくなっており、プラットフォームベンダーは700社を超えている。私はIoTプラットフォームベンダーのリストを自力でまとめて維持、分類、公開するつもりだったが、最近の状況から考えると、それはほとんど不可能のようだ。

 IoTプラットフォーム市場はできるだけ早く迅速に統合するのが急務だ。それは疑う余地がない。

IoTプラットフォームとは何か

 調査会社ABI Research の「M2M Software Platforms」では、コネクテッドデバイス(CDP)市場のプレイヤー、アプリケーションの利用が可能なプラットフォームレイヤ、IoTミドルウェアについて、それぞれ差別化要因が記されている。

 Beecham Researchは長年プラットフォームに注目し、この業界でどのようなサービスが提供されているのかに重点を置いた調査を行っている。同社はこの業界や関連するテクノロジー分野を指して、サービス有効化サービス(SES: Service Enablement Service)と呼んでいる。

 M2MやIoTに特化した調査会社Machina Research(現在はGartnerが買収)は、「M2MおよびIoTアプリケーションの実現可能性における接続プラットフォームの重要な役割」と題した調査結果を発表している。

 一方、MachNationは、通信サービスプロバイダーがIoTアプリケーションの有効化プラットフォームを導入すると、IoTやM2Mからの収益を3倍にすることができると考えている。同社は、5件の事例に関して調査報告書をまとめ、キャリア各社がIoT AEPベンダーとの関係を効果的に活用するにはどうするべきかを分析している。

 IoTプラットフォームの定義が混乱するのは何の不思議もない。IoTプラットフォームサービスに特化した企業ThingWorxのリュック・ペラール氏は、「IoTプラットフォームはややこしいですか?」と題したレポートの中で、混乱するのは比較の対象の選び方が適切でないからだと記述している。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。