2017年07月14日 05時00分 公開
特集/連載

「Amazon Echo」のような音声操作技術、ビジネスで失敗する理由と成功する条件モノづくり業界の活用には期待が集まるが……

「Amazon Echo」や「Siri」のような音声インタフェースのビジネス利用については、製造業での活用に期待が集まっている。しかし多くの企業では、音声操作技術の普及は進んでいない。その理由は。

[Brian Ballard,TechTarget]
Amazon Echo 音声アシスタント機能付きスピーカー「Amazon Echo」《クリックで拡大》

 われわれが過去40年間にコンピュータや情報システムを動かすのに使ってきたものを振り返ると、キーボードやマウス、タッチスクリーンの他、データグローブ(注1)のような変わり種もある。これらの共通点は何だろうか。

注1:手袋型のマンマシンインタフェース。人間の手の動作をセンサーで読み取り、直感的な情報入力を実現する装置。

 それは、情報に関する作業のために手が使える人向けに設計されていることだ。では、ツールや機器の操作で手がふさがっている人、例えば、組み立てラインや倉庫、あるいは顧客のオフィスや住宅など、各種の現場で業務に当たるスタッフは、蚊帳の外に置かれたままなのだろうか。

音声インタフェースが現業スタッフの救世主に

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

Zenlyで見る「自宅滞在率」 都道府県別および国別比較
ゴールデンウイーク中の日本でコロナ感染防止に最も努めたのは自宅滞在率約78%の北海道...

news031.jpg

2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴...

news135.jpg

コロナ禍で食費「増えた」が6割弱――電子チラシ「Shufoo!」運営会社が調査
「おうち時間」が増加したことで主婦の買い物動向はどう変化したのでしょうか。