2016年05月27日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド「Cortana」「Siri」はまだ時期尚早? 音声アシスタントのビジネス利用の未来像

Windowsの「Cortana」やAppleの「Siri」など、音声アシスタントは、個人利用で人気を博しているが、ビジネス利用はどうなのだろうか。その可能性について紹介する。

[TechTargetジャパン]
「Cortana」「Siri」はまだ時期尚早? 音声アシスタントのビジネス利用の未来像

 Microsoftの「Cortana」やAppleの「Siri」、Googleの「Google Now」など、音声アシスタントが個人利用で人気を博している。しかし、技術がまだ進んでいないこともあり、音声アシスタントのビジネスでの価値に関して、十分に明確になっていない。果たして音声アシスタント機能を活用することで、ビジネスはどのように変わるのだろうか。

 本稿では、音声アシスタントのビジネス利用の可能性を探りながら、ベンダーの取り組みや活用例を紹介する。


ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...