2016年05月27日 12時00分 公開
特集/連載

「Cortana」「Siri」はまだ時期尚早? 音声アシスタントのビジネス利用の未来像特選プレミアムコンテンツガイド

Windowsの「Cortana」やAppleの「Siri」など、音声アシスタントは、個人利用で人気を博しているが、ビジネス利用はどうなのだろうか。その可能性について紹介する。

[TechTargetジャパン]
「Cortana」「Siri」はまだ時期尚早? 音声アシスタントのビジネス利用の未来像

 Microsoftの「Cortana」やAppleの「Siri」、Googleの「Google Now」など、音声アシスタントが個人利用で人気を博している。しかし、技術がまだ進んでいないこともあり、音声アシスタントのビジネスでの価値に関して、十分に明確になっていない。果たして音声アシスタント機能を活用することで、ビジネスはどのように変わるのだろうか。

 本稿では、音声アシスタントのビジネス利用の可能性を探りながら、ベンダーの取り組みや活用例を紹介する。


ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。