2017年10月03日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイドハイパーコンバージドインフラで企業のITはどう変わる?

調査会社の最新統計を基に、過熱するハイパーコンバージド市場の動向について解説する。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 調査会社451 ResearchがITバイヤー750人を対象に実施した調査によると、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は現在、組織の40%で利用されている。同社の予想では、今後2年の間にこの数字は大幅に上昇する見通しだ。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


革新的な技術

 451 Researchの調査マネジャーで「Voice of the enterprise」の筆頭筆者、クリスチャン・ペリー氏は言う。「管理者の負担を軽減してくれる革新的な技術を採用する中で、従来型のスタンドアロンサーバにこだわる人は縮小している。特にコンバージドシステムやHCIの本質的な革新性は、具体化しつつあるプロセス効率化、アジリティーの原動力になっている」

 例えば潤滑油メーカーのWD-40はITインフラの柔軟性を高めるために、それまでのハードウェアプロバイダーからNutanixに切り替えた。WD-40のITサービスマネジャー、マーク・ブリード氏はこの切り替えについて次のように説明する。「最初は従来の3ティア(3階層)インフラへの追加を検討していた。しかし、サプライヤーが提案するソリューションでは新しいサーバや追加のストレージトレイ、SAN(storage area network)スイッチハードウェアが必要になり、われわれのラックの予備容量を超過してしまう。最悪の場合、ラックを増やさなければならない可能性もあった」

 HCIには、高度な統合型アプライアンスもあれば、ソフトウェアベースでハードウェアに依存しないものもある。それぞれのアプローチにはメリットとデメリットがある。Computer Weeklyの最近の記事で、Quocircaの創業者でアナリストのクライブ・ロングボトム氏はこう指摘した。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。