2018年03月30日 05時00分 公開
特集/連載

Nimbus Dataが2018年夏に出荷予定ついに「100TBのSSD」登場 メーカーの自信がうかがえる“5年間の無償保証” (2/2)

[Carol Sliwa,TechTarget]
前のページへ 1|2       

Nimbus DataのSDD、旧型と新型の違い

 旧ExaDrive SSDと比べ、ExaDrive DCシリーズは、SASとSATAというインタフェースの違いだけでなく、フラッシュのタイプ、性能、耐久性も異なる。旧ExaDrive SSDは一般的なNANDフラッシュを搭載するのに対し、ExaDrive DCシリーズは「3D NAND」フラッシュを搭載する。

 ExaDrive DCシリーズは1日当たりのドライブ書き込み制限はなく、5年間の耐久性保証を提供する。

 「5年間、好きなだけシステムを稼働させることができる。何らかの理由で“奇跡的に”ドライブを消耗した場合、交換は無償だ。計算上は5年以内に消耗することはあり得ないことが分かっている。このため、このような保証を提供できる」

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...