2018年04月23日 05時00分 公開
特集/連載

疲弊するIT担当者のためのERP選定に役立つユースケース10選選択肢の多さがIT担当者を苦しめる(2/2 ページ)

[Mary E. Shacklett,TechTarget]
前のページへ 1|2       

ERPに複数の役割を求めるサービス企業

 専門サービスを提供する企業は、自社の財務、営業、業務の適切な連携を望んでいる。全員が同じデータを使用することで、エラーや業務上のミスを減らしたいとも考えている。

 こうした企業が選ぶのは、サービスへの従事や記録のアクティビティー、リソースの利用やサービスにかかるコストを追跡できるサービス指向のERPだ。

優れた分析を必要とする中規模企業

 中規模企業の中には、ERPに別の使い方を求めることがある。中規模企業は、経営効率改善のため、優れた分析ができるようにERPの機能拡張を考えている。

 こうした企業は、ERPシステムにビジネスインテリジェンス(BI)のコンポーネント(部品や機能)を追加する。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...