2018年05月22日 05時00分 公開
特集/連載

「サーバレス型API」の導入が企業のイノベーションを促す理由30秒以上の時間がかかるAPIには向いていない(2/2 ページ)

[Jan Stafford,TechTarget]
前のページへ 1|2       

サーバレスに適合するAPI

 フラワー氏によると、動作条件をそれほど要求しない(フットプリントの小さい)単一機能のAPIが、特定のサーバレス関数に適しているという。モノリシック(一枚岩)なAPIは適さない。各エンドポイントを単純なアクションとして扱う。つまり、あらゆることを実施するのではなく、ある1つのことを実施することだとフラワー氏は説明する。メッセージングサービスを提供するTwilioの「Twilio REST API」がその例だ。このAPIはSMS(ショートメッセージサービス)を要求するだけだ。「これらはサーバレスでAPIを最も適切に使用する方法を表す、シンプルな抽象化の例だ」と同氏は述べる。

 30秒以内に復帰するAPI関数はサーバレスコンピューティングで機能するとモイヤー氏は説明する。一般的なAPIには30秒のタイムアウト制限がある。「基本的に30秒以上の時間がかかるAPIは全て、サーバレスコンピューティングでの適性に疑問がある」と同氏は述べる。

 サーバレスコンピューティングの枠組みに無理やり押し込んでいると思われる関数もある。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...