2018年07月13日 05時00分 公開
特集/連載

アイデンティティー・アクセス管理システムを導入する前に知っておくべき 9つのポイント現在のニーズに合わせるだけなら実は簡単

IDとアクセス管理(IAM)を考える際、IT部門はさまざまな要素を考慮しなければならない。本稿では、IT担当者が自社に適切なIAMシステムを選択、導入する方法を検討する。

[Kristen Gloss,TechTarget]
画像 必要な要件を確認してみよう

 IT管理者がIAMツールを検討する場合、選択する機能や満たすべき要件が非常に多い。IAMを導入する前にチェックする項目を考えてみよう。

自分で調査する

 適切なIAMシステムを選択するには、その基盤をホストする場所を把握することが重要になる。IT部門は、IAMシステムをオンプレミスにも、クラウドサービスとしても導入できる。さらに、エンタープライズモビリティー管理(EMM)基盤に統合することもできる。

 ホストする場所を選択したら、次は必要なID管理サービスを判断する。シングルサインオン(SSO)を使用するかどうかを決め、多要素認証(MFA)などのユーザー認証手法を選択する。

 IT担当者はIAMツールを評価する際、そのツールの導入が自社に合っているかどうかを確認すべきだ。まず、自社のセキュリティポリシーやその他の要件とツールとの互換性をチェックする。さらに、IAM製品のポリシーと手続きについて従業員にトレーニングをする準備を整える。

考慮すべきIAM製品

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...