Intelの新しいツールキット「OpenVINO」は深層学習のビジネス利用を促進する?学習モデルのチップ書き込みが容易に

インテルの新しい開発キットは、CPUや他の種類のチップで深層学習するハードルを下げようとしている。動画データから多くの情報を容易に抽出できるようにすることが狙いだ。

2018年08月14日 05時00分 公開
[Ed BurnsTechTarget]
画像 動画データの中から知見を見つける

 Intelは「OpenVINO」(Open Visual Inference & Neural Network Optimization)という新しいツールキットを発表した。このツールキットを使用すると、開発者は深層学習モデルを実行するプロセスをチップに書き込むことができる。クラウドやオンプレミスのデータストアにデータを送信する必要はない。開発者は「Caffe」「MXNet」「TensorFlow」など、一般的な機械学習言語でコードを作成できる。開発者はOpenVINOを使って、Intelのコアチップ、統合グラフィックスユニット、FPGA(Field-Programmable Gate Array)向けのプロセスを作成できる。

 OpenVINOの狙いは、動画データで高度なモデルを実行し、ビジネスにとって意味のある情報を含むスニペット(再利用可能な断片)の抽出を容易にすることだ。小売業界などで使われている防犯カメラの映像では、こうした情報の抽出が課題になっている。防犯カメラによって大量の動画データが撮影されていても、ほとんど分析されていない。

エッジデバイス市場で出遅れたIntelの“逆襲”か

ITmedia マーケティング新着記事

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。