2018年10月04日 05時00分 公開
特集/連載

IAMエンジニアの役割と適性について新たなIT花形職種になるか

IAMエンジニアが求められている。それも身近なところで。だが、社内外のエンジニア候補者には、IAMを理解するだけにはとどまらない多くの訓練が必要になる。

[Alyssa Provazza,TechTarget]

 IDおよびアクセス管理(IAM)がセキュリティ戦略にとって不可欠になりつつある。そのため、企業は優秀なIDエンジニアに目を光らせておかなければならない。この役割を担うスタッフを獲得するためにIT部門が取れる手段は幾つか存在する。

 モバイルデバイスが従業員の新たなアクセスポイントになっている。同時にモバイルデバイスは企業データ流出の新たな経路にもなる。そのため、IAMがますます重要になる。だが、労働者市場には高いスキルを備えたIAMエンジニアの候補者が依然不足している。そのため、企業はIT部門の既存スタッフを教育するか、セキュリティの一般的な知識を有するエンジニアを採用してIAMの専門知識を習得させるほうが適切かもしれない。これは2018年6月に開催された「Identiverse」カンファレンスでの専門家の発言だ。

 Deutsche Bankのアクセス証明サービス部門のディレクターを務めるオラフ・グレーヴェ氏はセッションで「エンジニアを採用する際は、一般的なITスキルと役割に注目する。IAMの全てに精通した希少な候補者の出現を待つのではなく、一般的スキルと役割を有する人材を必要な水準まで引き上げる」と語った。

IAM労働者市場の展望

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...