2018年10月15日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10管理をクラウドで 「Microsoft Managed Desktop」のメリットは?PC管理のクラウド型新サービス

Microsoftは物理デバイスを管理するための新しいクラウド型サービス「Microsoft Managed Desktop」を月額料金制で提供する。企業はこれでセキュリティアップデートを管理できる。

[Nick Martin,TechTarget]
物理デバイス管理の悩みを解消できるか《クリックで拡大》

 Microsoftは「Microsoft Managed Desktop」において、物理デバイス管理用のクラウド型サービスを提供する。IT担当者たちはこれで大きな悩みの種を解消できると期待している。

 Microsoftは2018年9月に開催したカンファレンス「Microsoft Ignite」で、新しく提供開始するMicrosoft Managed Desktopの詳細を発表した。このサービスは物理デバイスとMicrosoftソフトウェアとリモート管理サービスを組み合わせ、Windows PCを完全に管理するサービスとして月額料金で提供する。

 調査会社Enterprise Management Associatesのアナリスト、スティーブ・ブレースン氏は、「これは人気が非常に高まっているAppleの企業向けデバイス管理『Device Enrollment Program』に幾つかの点で対抗している」と話す。

Microsoft Managed Desktopの特徴

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...