IT専門家が語るコンテナセキュリティのヒントと注意点権限を正しく設定する

コンテナのセキュリティを確保するためには、コンテナ、ホスト、Kubernetes、アプリケーションの各構成を詳しく調べる必要がある。

2019年01月11日 05時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]
画像

 優秀なIT部門がコンテナオーケストレーションを導入した。そこで問題になるのが、複数のソフトウェアが混在する大規模インフラの中で完全なセキュリティをどのように確保するかということだ。

 まず着手しなければならないのは、セキュリティに抜け道ができる可能性をなくすために、「Docker」と「Kubernetes」両方のデフォルト設定を変更することだ。例えば配布されているコンテナイメージのデフォルトコンポーネントとして、「docker.sock」という名前が付いたソケットを考える。このソケットが、用途を管理するためのセキュリティツールなしでマウントされたとする。このソケットに脆弱(ぜいじゃく)性があると、攻撃者はこれを使用してホストOSにアクセスし、その後バックエンドデータベースにアクセスしてデータを持ち出してしまう恐れがある。同様に、KubernetesのAPIのデフォルト設定では、コンテナから悪意のあるポッドを通じてホストOSにアクセスされる恐れがある。

 2018年9月前半に米ボストンで開催されたセキュリティカンファレンス「DevSecCon」のプレゼンテーションで、ジェイソン・パターソン氏は次のように語った。同氏は、オンラインバンキングと小売業者向けに金融取引システムを製作する企業NCRで、アプリケーションセキュリティアーキテクトを務める。「コンテナには他の仮想マシン(VM)と同じ問題もある。コンテナは、社内ネットワーク経由で相互に通信する。つまり、1つの構成ミスが環境内のほぼ全てのコンテナを危険にさらす恐れがある」

重要なのはコンテナのセキュリティ構成設定

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...