2019年03月18日 05時00分 公開
特集/連載

「QLC NANDフラッシュ」は一長一短 パフォーマンスと容量どっちを取る?SSDで容量を増やす際の注意点

QLC NANDはストレージの大容量化と低コストを実現する。しかし一部の組織では、よりパフォーマンスが高い選択肢を必要とする場合がある。どのような場合にQLC NANDに移行するのが賢明なのだろうか。

[Brien Posey,TechTarget]
画像

 SSDなど最新世代のソリッドステートストレージの多くは、QLC(クアッドレベルセル)NAND技術をベースにしている。QLCは1つのメモリセルに4ビットのデータを格納する方式だ。QLC NANDデバイスは、1つのメモリセルに3ビットのデータを格納するTLC(トリプルセル)NANDデバイスよりも技術的に優れていると考えがちだが、必ずしもそうではない。

 QLC NANDデバイスは、他のNAND型のフラッシュデバイスと比べて容量が大きく、容量単価が低くなる可能性がある一方、書き込みの耐久性が低く、パフォーマンスが少し落ちる。しかしそうした短所はQLC技術を切り捨てるほどのものではない。

QLC NANDデバイスのユースケースは?

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...

news061.jpg

SDGsの認知率は8割超に――電通調査
ビジネス層を中心に語られるバズワードであった「SDGs」が、4年間で一般層まで認知を広げ...