2019年04月11日 05時00分 公開
特集/連載

メモや処方箋などの非構造化データも処理 IBMとAWSの医療データ活用技術苦戦を強いられるレガシーEHRベンダー

IBMやAmazon Web Servicesが医療業界をターゲットに新たなサービスを提供している。注目すべきは、これらの企業が人工知能(AI)といった、今までのEHR製品にはなかったテクノロジーを取り入れている点だ。

[Reda Chouffani,TechTarget]
photo

 ここ数年、EHR(電子医療記録)市場に大きな成長は見受けられない。既存システムを置き換える労力やコストが大きくなることを懸念し、新たなEHR製品/サービスの購入をためらう医療機関は少なくない。

 こうした状況はすぐに変わると考えられる。IBMやAmazon Web Services(AWS)が人工知能(AI)ベースのシステムといった、これまでのEHR市場にはなかった製品/サービスを提供するようになったためだ。

 IBMは早くから医療業界に進出している。同社は疾患の発見や、特定疾患の診断補助に役立つツールとしてAIシステム「IBM Watson」を病院向けに販売している。IBMは同社のサポートコンピュータとAI機能を活用して大規模データセットを分析し、患者データから一定の洞察を得ることを可能にしている。医療画像の解析分野にも参入し、同社の視覚サービスを使用して、エックス線装置やMRI(磁気共鳴画像法)装置などのスキャナー検査の結果から、人間の目では発見できない異常を検出しようとしている。

Amazonの新しい医療データ分析サービスとは

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...