2019年07月23日 05時00分 公開
特集/連載

アンドリュー・ウン氏のAIプレイブック【後編】「AI」の価値はどう測定すればよいのか?

GoogleとBaiduで人工知能(AI)開発を手掛けた第一人者が語る、企業のAI活用における6つのポイントを紹介する本連載。今回は残る3つの項目を紹介する。

[George Lawton,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


 人工知能(AI)テクノロジー開発の第一人者であるアンドリュー・ウン氏が、AI活用を進めたい企業に送るのが以下6つの推奨事項だ。

  1. ブレインストーミングから始める
  2. AIが新たな方法をもたらすことを理解する
  3. 少量のデータに備える
  4. 全社的な理解を得ることでAIパートナーシップを構築する
  5. AIの影響を測定する
  6. シンプルにする

 前編「GoogleとBaiduで活躍した先駆者が語る、AI開発の正しい進め方」と中編「『AI』を少ないデータでも生かせる企業が勝ち残る」に続く後編となる今回は、残る4つ目から6つ目の推奨項目について紹介する。

4.全社的な理解を得ることでAIパートナーシップを構築する

写真 アンドリュー・ウン氏《クリックで拡大》

 多くの企業はAIの人材不足という問題に直面している。AIの基本をまとめたガイドを執筆することにした裏の理由には、AI人材不足が深刻化していることにある。特定のビジネス部門にAI開発がどのような価値をもたらすかを全社が明確に理解すれば、より多くのエンジニアが雇用されるようになると考えられる。「勤務先がAIを採用するようになるには、経営陣に『AI For Everyone』で学んでもらうことが最善策の一つだとエンジニアに伝えている」とウン氏は話す。AI For Everyoneは、同氏が開講した無料のコースプログラムだ。

5.AIの影響を測定する

 オンライン広告の追跡は、感動的なAIの利用方法ではないものの、この分野ではAIの影響を簡単に評価できるとウン氏は語る。他のユースケースでAIの価値を評価するのは難しい。

 企業は、さまざまなケースの指標を考えている。例えば、以下のような指標だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...