2019年07月09日 05時00分 公開
特集/連載

アンドリュー・ウン氏のAIプレイブック【前編】GoogleとBaiduで活躍した先駆者が語る、AI開発の正しい進め方

人工知能(AI)の第一人者でオンライン教育の先駆者でもあるアンドリュー・ウン氏が、企業向けにAIプレイブックを考案している。本稿ではそのエッセンスを紹介する。

[George Lawton,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


写真 アンドリュー・ウン氏《クリックで拡大》

 近い将来、人工知能(AI)テクノロジーがもたらす大きな恩恵の一部は、大ヒットしたアルゴリズムではなく、ビジネスプロセスを改善する新たな方法を見つけることで得られるようになるだろう――。これはアンドリュー・ウン氏の見解だ。ウン氏はGoogleとBaiduでAI開発を手掛けた先駆者で、現在はLanding AIの共同設立者として、同社CEOを務めている。

 米サンフランシスコで2019年3月下旬に開催された「EmTech Digital 2019」に登壇したウン氏は「これまでとは異なりAIの発展による経済成長の多くは、販売、輸送、流通といったソフトウェア以外の分野で見られるようになるだろう」と自身の見解を述べている。

 2017年に設立したLanding AIは、さまざまな業界の企業がAIを活用することをサポートする目的で、ベストプラクティス集である「AIプレイブック」を作成している。AIは有益なテクノロジーだが、導入が困難なのは誰もが認めるところだ。そして、同氏はAIを利用しやすくすることを目的とした教育プログラム「deeplearning.ai」も手掛けている。

6つの推奨事項

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...