2019年07月09日 05時00分 公開
特集/連載

GoogleとBaiduで活躍した先駆者が語る、AI開発の正しい進め方アンドリュー・ウン氏のAIプレイブック【前編】

人工知能(AI)の第一人者でオンライン教育の先駆者でもあるアンドリュー・ウン氏が、企業向けにAIプレイブックを考案している。本稿ではそのエッセンスを紹介する。

[George Lawton,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


写真 アンドリュー・ウン氏《クリックで拡大》

 近い将来、人工知能(AI)テクノロジーがもたらす大きな恩恵の一部は、大ヒットしたアルゴリズムではなく、ビジネスプロセスを改善する新たな方法を見つけることで得られるようになるだろう――。これはアンドリュー・ウン氏の見解だ。ウン氏はGoogleとBaiduでAI開発を手掛けた先駆者で、現在はLanding AIの共同設立者として、同社CEOを務めている。

 米サンフランシスコで2019年3月下旬に開催された「EmTech Digital 2019」に登壇したウン氏は「これまでとは異なりAIの発展による経済成長の多くは、販売、輸送、流通といったソフトウェア以外の分野で見られるようになるだろう」と自身の見解を述べている。

 2017年に設立したLanding AIは、さまざまな業界の企業がAIを活用することをサポートする目的で、ベストプラクティス集である「AIプレイブック」を作成している。AIは有益なテクノロジーだが、導入が困難なのは誰もが認めるところだ。そして、同氏はAIを利用しやすくすることを目的とした教育プログラム「deeplearning.ai」も手掛けている。

6つの推奨事項

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...