2019年07月26日 05時00分 公開
特集/連載

女性CISOが2割でも不十分? セキュリティ分野で活躍する女性を増やすには発言力拡大に向けた取り組み

女性団体のExecutive Women's Forum(EWF)がワシントンを訪問し、米国議員と議論した。サイバーセキュリティ分野において、米国連邦議会での女性の存在感を高めるためだ。

[Kate Gerwig,TechTarget]
画像

 2019年5月、Executive Women's Forum(EWF:エグゼクティブ女性フォーラム)が米国連邦議会の議員および職員に面会した。その際の議論で、下記の3つが重要なトピックとなった。

  • サイバーセキュリティ法の検討
  • サイバーセキュリティ分野の女性の増員
  • サイバーセキュリティ分野に参入するベテラン女性の訓練

セキュリティ分野における女性活躍のゴール

 議論の場はセキュリティに関するシンポジウム、第3回EWF Cybersecurity Women on Capitol Hill Public/Private Symposium(キャピトルヒルのEWFサイバーセキュリティ女性担当者による公的・私的シンポジウム)として開催された。その目標は、サイバーセキュリティ法の整備の進展に合わせて、立法プロセスへの女性の参加を増やすことだった。連邦議会の議員と職員を、サイバーセキュリティやプライバシー、リスクの諸問題について教育し、助言と専門家の証言を提供することにより、その実現を目指すという。

 EWFの創設者で、エグゼクティブ人材紹介会社Alta AssociatesのCEOでもあるジョイス・ブロカグリア氏はこう語る。「EWFは、より包括的な立法プロセスを通じてサイバーセキュリティ法を改善できると強く感じている」

 6000人以上のメンバーを擁するEWFから100人以上の女性が連邦議会のあるワシントンを訪れ、陸海空軍、国土安全保障省、退役軍人省の職員と、下院および上院で30回以上の会議を開いた。その会議で、サイバーセキュリティ、プライバシー、リスクの各問題を網羅するサイバーセキュリティ専門家として、女性が立法プロセスに参加することについて議論した。

 ブロカグリア氏によると、EWFの最終目標は「連邦議会とEWFメンバーの協調関係を築くことによって、より良い法案の作成に影響を与えること」だという。「彼女たちの役割は、密接な関連性があり、タイムリーかつ検証済みのアドバイスを提供することだ」(同氏)

「CISOの20%が女性」だけでは不十分

ITmedia マーケティング新着記事

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...

news002.jpg

好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と...