2019年07月26日 05時00分 公開
特集/連載

女性CISOが2割でも不十分? セキュリティ分野で活躍する女性を増やすには発言力拡大に向けた取り組み

女性団体のExecutive Women's Forum(EWF)がワシントンを訪問し、米国議員と議論した。サイバーセキュリティ分野において、米国連邦議会での女性の存在感を高めるためだ。

[Kate Gerwig,TechTarget]
画像

 2019年5月、Executive Women's Forum(EWF:エグゼクティブ女性フォーラム)が米国連邦議会の議員および職員に面会した。その際の議論で、下記の3つが重要なトピックとなった。

  • サイバーセキュリティ法の検討
  • サイバーセキュリティ分野の女性の増員
  • サイバーセキュリティ分野に参入するベテラン女性の訓練

セキュリティ分野における女性活躍のゴール

 議論の場はセキュリティに関するシンポジウム、第3回EWF Cybersecurity Women on Capitol Hill Public/Private Symposium(キャピトルヒルのEWFサイバーセキュリティ女性担当者による公的・私的シンポジウム)として開催された。その目標は、サイバーセキュリティ法の整備の進展に合わせて、立法プロセスへの女性の参加を増やすことだった。連邦議会の議員と職員を、サイバーセキュリティやプライバシー、リスクの諸問題について教育し、助言と専門家の証言を提供することにより、その実現を目指すという。

 EWFの創設者で、エグゼクティブ人材紹介会社Alta AssociatesのCEOでもあるジョイス・ブロカグリア氏はこう語る。「EWFは、より包括的な立法プロセスを通じてサイバーセキュリティ法を改善できると強く感じている」

 6000人以上のメンバーを擁するEWFから100人以上の女性が連邦議会のあるワシントンを訪れ、陸海空軍、国土安全保障省、退役軍人省の職員と、下院および上院で30回以上の会議を開いた。その会議で、サイバーセキュリティ、プライバシー、リスクの各問題を網羅するサイバーセキュリティ専門家として、女性が立法プロセスに参加することについて議論した。

 ブロカグリア氏によると、EWFの最終目標は「連邦議会とEWFメンバーの協調関係を築くことによって、より良い法案の作成に影響を与えること」だという。「彼女たちの役割は、密接な関連性があり、タイムリーかつ検証済みのアドバイスを提供することだ」(同氏)

「CISOの20%が女性」だけでは不十分

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。