2019年07月26日 05時00分 公開
特集/連載

発言力拡大に向けた取り組み女性CISOが2割でも不十分? セキュリティ分野で活躍する女性を増やすには

女性団体のExecutive Women's Forum(EWF)がワシントンを訪問し、米国議員と議論した。サイバーセキュリティ分野において、米国連邦議会での女性の存在感を高めるためだ。

[Kate Gerwig,TechTarget]
画像

 2019年5月、Executive Women's Forum(EWF:エグゼクティブ女性フォーラム)が米国連邦議会の議員および職員に面会した。その際の議論で、下記の3つが重要なトピックとなった。

  • サイバーセキュリティ法の検討
  • サイバーセキュリティ分野の女性の増員
  • サイバーセキュリティ分野に参入するベテラン女性の訓練

セキュリティ分野における女性活躍のゴール

 議論の場はセキュリティに関するシンポジウム、第3回EWF Cybersecurity Women on Capitol Hill Public/Private Symposium(キャピトルヒルのEWFサイバーセキュリティ女性担当者による公的・私的シンポジウム)として開催された。その目標は、サイバーセキュリティ法の整備の進展に合わせて、立法プロセスへの女性の参加を増やすことだった。連邦議会の議員と職員を、サイバーセキュリティやプライバシー、リスクの諸問題について教育し、助言と専門家の証言を提供することにより、その実現を目指すという。

 EWFの創設者で、エグゼクティブ人材紹介会社Alta AssociatesのCEOでもあるジョイス・ブロカグリア氏はこう語る。「EWFは、より包括的な立法プロセスを通じてサイバーセキュリティ法を改善できると強く感じている」

 6000人以上のメンバーを擁するEWFから100人以上の女性が連邦議会のあるワシントンを訪れ、陸海空軍、国土安全保障省、退役軍人省の職員と、下院および上院で30回以上の会議を開いた。その会議で、サイバーセキュリティ、プライバシー、リスクの各問題を網羅するサイバーセキュリティ専門家として、女性が立法プロセスに参加することについて議論した。

 ブロカグリア氏によると、EWFの最終目標は「連邦議会とEWFメンバーの協調関係を築くことによって、より良い法案の作成に影響を与えること」だという。「彼女たちの役割は、密接な関連性があり、タイムリーかつ検証済みのアドバイスを提供することだ」(同氏)

「CISOの20%が女性」だけでは不十分

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...