ノートPCの発熱には“ほこり掃除”が効く? 「ThinkPad T520」で試してみた70度台から50度台へと改善

稼働中のPCが熱を帯びるのは当然だが、異常なほど高温になる場合は、熱暴走を回避するために対処が必要だ。アイドル時のCPU温度が70度台にまで達したLenovo「ThinkPad T520」を、50度台にまで下げた方法を紹介する。

2019年09月15日 08時30分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 私のLenovo「ThinkPad T520」は、オフィスのデスクの左端にある、小さなファイリングキャビネットの上のスタンドに置いてある。これを使うときは椅子を左側に回転させる。ほとんどの場合、私は目の前にあるメインPCからリモートでこれを利用する。

 先の週末、妻が話をしに私のオフィスにやって来た。妻はファイリングキャビネットの真ん前の、ちょうどファンの排気熱が当たる所に立っていた。「わあ、随分熱い空気だね」と妻に言われた私は、自分の手をその場所に伸ばしてみたところ、その言葉に一切反論できなかった。

 T520でCPUの温度をチェックすると、60度〜70度台で稼働していた。確かに熱過ぎる。そこでT520を掃除すれば冷却できるのではないかと考えた。

画像 画像 数年前にEコマースサイト「Newegg」から買った掃除機。コンパクトでパワフル《クリックで拡大》

 一般的に、ノートPCはデスクトップPCより熱くなる。私のメインPCは今、30度台後半〜40度台半ばで稼働している。Dellの「XPS One 2720」はアイドル状態でも同じ範囲内で稼働する。タワー型デスクトップPCというよりもノートPCに近い「オールインワン」機種としては上出来だ。新品に近いLenovoの「ThinkPad X380 Yoga」はアイドル状態で40度台半ば〜50度台前半で、これはコンパクト型ノートPCとしては想定通り。これらを踏まえると、やはりT520の60度〜70度台は要注意だ。

 そこで考えた。「このノートPCの吸排気部分を最後に掃除したのはいつだっただろうか」と。正直なところ、あまりに時間がたっているので思い出すことができなかった。そこで取り出したのがMetropolitan Vacuum Cleaner(MetroVac)の「DataVac」だ(画像)。これは小型の掃除機で、電子機器のほこりを吸い込んで吹き飛ばすよう設計されている。

掃除で冷却が改善

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...