2020年07月02日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドサービスを安全に使うためのセキュリティ製品とは?“正義のハッカー”に聞くリスクと対策【後編】

攻撃者はオンプレミスからクラウドサービスへの移行など、システムが脆弱な状態になりがちな変化のタイミングを狙っている。対策として、どのようなセキュリティ製品を導入するべきなのか。

[大久保 心織,TechTargetジャパン]

 管理対象のシステムがオンプレミスのインフラにあるか、クラウドサービスにあるかという違いは、IT部門にとっては管理方法の違いにつながるため重要だ。一方攻撃者にとって、それ以上に重要なのは「システムが移行段階にあることだ」と、日立ソリューションズでホワイトハッカーとして活動する米光一也氏は指摘する。その理由は前編「サイバー犯罪者にとって『クラウドかオンプレミスか』よりも重要なこととは?」で、具体的な脅威は中編「ハッカーが明かす『クラウドサービス』に潜む“2つの危険”」で紹介した通りだ。

 企業がオンプレミスのインフラからクラウドサービスへシステムを移行する際には、クラウドサービスに特化したセキュリティ製品も併せて導入する必要がある。具体的には以下のセキュリティ製品が活用できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。