2021年04月23日 12時00分 公開
特集/連載

「テレワーカーを狙ったサイバー攻撃」が目立った2020年、今後注目すべき脅威はBlackBerry調査から見えた脅威動向

2020年、新型コロナウイルスの流行によるテレワークの拡大が企業のセキュリティ対策に変化を促した。2021年に企業が注意すべき脅威トレンドとは。BlackBerryが分析する。

[小林可奈,TechTargetジャパン]

 新たな脅威が絶えず発生するサイバーセキュリティ分野。2020年はどのようなセキュリティ事故があったのか。今後注目すべき脅威トレンドとは。BlackBerryの脅威解析チームアジア太平洋地域マネージャー、本城信輔氏に話を聞いた。

2020年のサイバーセキュリティを揺るがしたコロナ禍

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に伴うテレワークの普及は、企業のサイバーセキュリティに新たな脅威をもたらした。セキュリティ対策を万全に整えないままテレワークに移行した企業は攻撃者の標的となった。セキュリティベンダーのMalwarebytesが2020年に発表した調査レポート「Enduring from home COVID-19’s impact on business security」(COVID-19がビジネスに及ぼした影響)によると、パンデミック後に発生したセキュリティ侵害の19.8%はテレワーカー経由で起こっていた。「外出自粛でインターネットショッピングの需要が増えたことに伴い、宅配詐欺や架空料金請求詐欺も目立つようになった」と本城氏は言う。

2021年に警戒すべき「組織的サイバー攻撃」「二重脅迫ランサムウェア」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...