2021年08月30日 18時00分 公開
特集/連載

金融機関狙うトロイの木馬「Gozi」の作成者が南米で逮捕 米国引き渡しに焦点TechTarget発 世界のITニュース

トロイの木馬型マルウェア「Gozi」の作成に関わったルーマニア人のミハイ・イオヌット・パウネス氏がコロンビアで逮捕された。Goziは世界で多数のコンピュータが感染したマルウェアだ。

[Alexander Culafi,TechTarget]

関連キーワード

サイバー攻撃 | ハッカー | マルウェア


 コロンビア警察は、金融機関情報を狙ったトロイの木馬型マルウェア「Gozi」(「Ursnif」とも)の作成と配布に関わり、米国で起訴されていたルーマニア人のミハイ・イオヌット・パウネスク氏を逮捕した。2000年代半ばから2010年代初頭にかけ、Goziによる攻撃で5000万ドル(約55億円)以上を盗み取ったとみられる。

Goziをサイバー犯罪者に販売、世界で100万台以上が感染

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...