2021年08月30日 18時00分 公開
特集/連載

金融機関狙うトロイの木馬「Gozi」の作成者が南米で逮捕 米国引き渡しに焦点TechTarget発 世界のITニュース

トロイの木馬型マルウェア「Gozi」の作成に関わったルーマニア人のミハイ・イオヌット・パウネス氏がコロンビアで逮捕された。Goziは世界で多数のコンピュータが感染したマルウェアだ。

[Alexander Culafi,TechTarget]

関連キーワード

サイバー攻撃 | ハッカー | マルウェア


 コロンビア警察は、金融機関情報を狙ったトロイの木馬型マルウェア「Gozi」(「Ursnif」とも)の作成と配布に関わり、米国で起訴されていたルーマニア人のミハイ・イオヌット・パウネスク氏を逮捕した。2000年代半ばから2010年代初頭にかけ、Goziによる攻撃で5000万ドル(約55億円)以上を盗み取ったとみられる。

Goziをサイバー犯罪者に販売、世界で100万台以上が感染

ITmedia マーケティング新着記事

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...

news037.jpg

「マーケティングDX人材」を定義する
2022年、日本企業はDXのあるべき姿を実現するために、自社のマーケティングを大きく進化...