「SDGsをデータ分析で達成」をZ世代が“激推し”する納得の理由大学が取り組む「SDGs達成のためのデータ分析」【中編】

データ分析を活用して「SDGs」の達成を支援する――。こうした構想を進める非営利団体が大学で講義をしたところ、学生がその理念を「熱烈に歓迎」したという。その理由は。

2022年09月16日 08時15分 公開
[Kim LoohuisTechTarget]

 非営利団体Analytics for a Better World Institute(以下、ABW Institute)の構想は、ある教授が2冊の書籍を読んだことから始まった。ABW Instituteは、アムステルダム大学(UvA:University of Amsterdam)経済学部とマサチューセッツ工科大学(MIT:Massachusetts Institute of Technology)がコンサルティング会社ORTECと提携して設立した。データと分析を活用して、国際連合(国連)が定める「SDGs」(持続可能な開発目標)の達成を目指す組織を支援している。

Z世代が「SDGsをデータ分析で達成」を熱く歓迎する理由

 団体名にも含む「より良い世界を実現するための分析」(ABW:Analytics for a Better World)という概念を提唱したのはディック・デン・ヘルトフ氏だ。ヘルトフ氏はABW Instituteの共同設立者であり、UvAでオペレーションズリサーチ(計画に対して最も効率的な選択を導き出す手法)の教授として教壇に立つ。MITのビジネス分析論の教授であるディミトリス・ベルティーマス氏と協力して、ABWの構想を発展させる作業に取り組んでいる。

 UvAとMITで講義をしたところ「ABWの構想は学生から大きな反響を得た」とヘルトフ氏は話す。学生が該当する「Z世代」(1990年代半ばから2010年ごろに生まれた世代)は、目的や意義がある作業に対して高い集中力を発揮する傾向にある。「ABWの構想が熱烈に歓迎された理由は、そこにある」と同氏は考えている。

 Z世代の成長とともにデータの量や種類が充実し、企業や組織はさまざまな情報を入手しやすくなった。こうした背景が、ABW Instituteの設立を後押しした。

 データ分析のための実用的なシステムを開発するために、ヘルトフ氏はABW Instituteに業界の専門家を招く必要があった。「私たちの志に賛同し、ABW Instituteの設立を物資と金銭の両面で惜しみなく支援してくれるパートナーを見つけてくれたのはORTECだ」と同氏は話す。

 幾つもの企業が、データ分析を使って価値を創造している。データサイエンティストは労働市場で引く手あまたな、「自由に仕事を選べる」ほど人気のあるIT専門職だ。「こうした状況自体は決して悪いことではない。だからこそ人道的で持続可能な目的にもデータサイエンスを使用できるようにしたい」とヘルトフ氏は意気込む。「データサイエンスを使用することによって、ある企業では5〜10%の労力削減につながるとしたら、NGO(非政府組織)ではどのようなことができるかを考えてみてほしい」(同氏)

 データサイエンス分野の人材は不足している。そのためNGOや政府機関の中には、データサイエンティストを採用できず、自組織の価値を生み出すためにデータ分析を活用できていない組織がある。「このような状況で役に立つのがABW Instituteだ。ABW Instituteは、国連が定めたSDGsの目標達成に向けて積極的に貢献したいと考えている」とヘルトフ氏は強調する。


 後編はABW Instituteが取り組む、データ分析を活用した課題解決策の具体例を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...