「AI人材」が“売れっ子”になっても未来はそう明るくない訳「AI」時代のキャリアとは【第1回】

AI技術を活用する企業の動きが広がり、AI人材の需要は拡大する見通しだ。一方で、AI技術を取り巻く業界は、ある課題を抱えることになる。

2023年08月22日 07時15分 公開
[Aaron TanTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | 機械学習


 世界経済フォーラム(World Economic Forum)が2023年4月に公表したレポート「The Future of Jobs Report 2023」によると、機械学習などのAI(人工知能)技術の専門家は、2023年から2027年までの5年間で需要が成長する職種のトップに挙がっている。AI人材が活躍する企業の事例と、AI技術を活用する業界が直面する課題を紹介する。

「AI人材」需要が急成長も、未来はそう明るくない?

 フードデリバリーサービス「foodpanda」を運営するDelivery Heroのカスタマーエクスペリエンス(CX)チームは、デリバリーがうまくいかないケースを、AI技術を用いて予測している。同社のアプリケーション開発者は、機能に対する顧客の評価を自動的に認識するためにAI技術を活用している。

 東南アジアの銀行大手DBS Bankも、AI技術を積極的に活用する企業の一つだ。同行にはAI技術者で構成したチームが存在し、このチームはAI技術のユースケースを300件以上監督している。例えば以下の例など、ユースケースは多岐にわたる。

  • 顧客企業のニーズに応じてパーソナライズした毎月4500万件の提案
  • 問題発生抑止を目的とした、中小企業への信用リスクに関する警告

 Salesforceが同社のブログで公表したAIスキルに関する調査結果「Digital Skills Survey」によると、労働者の58%が「仕事に生成AI技術を活用したい」と回答した他、97%が「企業は従業員の育成戦略において、AIスキルを優先すべきだ」と答えている。調査は11カ国の18歳以上の労働者1万1035人を対象に、委託先の調査会社TRUE Global Intelligenceが2023年2月に実施した。

 プロセッサベンダーNVIDIAでソリューションエンジニアリング担当ディレクターを務めるオジー・ジョンソン氏は、「AI技術に関連するキャリアパスは、IT業界の中でも特に魅力的だ」と話す。ジョンソン氏によると、AI技術は次のような技術の基盤となっている。

  • アクセラレーテッドコンピューティング
    • 専用ハードウェアを使用して計算処理を高速化する技術
  • コンピュータビジョン
    • 画像情報を通じて対象の内容を認識し理解するAI技術
  • 音声分析
  • 自然言語処理

 AI技術を取り巻く業界の雇用機会は爆発的に成長している。一方でジョンソン氏は、「業界にとって大きな障害は、AIスキルを持つ候補者が少な過ぎることだ」と指摘する。逆に言うと、AIスキルを身に付けるためのトレーニングや教育を受ける意欲と能力のある人は、技術分野の中で“引く手あまた”の人材になる可能性があるということだ。「IT業界に多少の浮き沈みがあっても、AIスキルを身に付けていれば、安定した給料や福利厚生、雇用機会を得られる」と同氏は話す。


 第2回は、企業が求めるAIスキルとは具体的に何かを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...