普通のスマホが売れなくても“高級スマホ”は売れまくり2023年前半のスマホ市場動向【前編】

世界的な景気低迷が続く中で、スマートフォン市場も厳しい状態が続いている。その中において、ハイエンドモデルの販売が伸びる傾向にある。

2023年10月17日 07時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 世界的な景気低迷が続く中でモバイルデバイスの二次流通市場が活況を呈するなど、スマートフォンの出荷が低迷する状況は続いている。調査会社Informa(Omdiaの名称で事業展開)によれば、そうした中でも堅調に販売を伸ばしているのがハイエンドモデルだ。

スマホ市場低迷の中で“売れ筋”になるあの高級スマホ

 Omdiaが調査した2023年第2四半期(4〜6月)の出荷状況によれば、スマートフォン市場ではミッドレンジとローエンドモデルの需要が低迷している。好調を維持しているのはAppleのプレミアムモデルだ。特に「iPhone」シリーズの「Pro」や「Pro Max」といったハイエンドモデルの販売が増加している。

 2023年上半期、世界で出荷台数が最も多かったのはAppleの「iPhone 14 Pro Max」で、約2650万台を記録した。ただし出荷台数が最も多かった機種の出荷台数は、前年同期と比較して約720万台減少した。2022年上半期の出荷台数1位は「iPhone 13」で、約3370万台だった。

 同じラインアップで2022年と2023年の上半期を比較すると、ハイエンドモデルの伸びが顕著だ。2022年上半期は、「iPhone 13 Pro Max」の出荷台数は2300万台で2位だった。同モデルの後継機種であるiPhone 14 Pro Maxが2023年上半期に出荷台数を約350万台増やし、1位にランクアップした形だ。

 「iPhone 14 Pro」は前機種の「iPhone 13 Pro」から出荷台数を約620万台伸ばし、順位を2つ上げた。標準モデルの「iPhone 14」と「iPhone 13」を比較すると、2023年上半期のiPhone 14の出荷台数は、2022年のiPhone 13から約1720万台減少した。


 後編はスマートフォンベンダーの動向を踏まえて、今後のスマートフォン市場の動向を分析する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...