Appleユーザーは有料の「AppleCare+」を使うべきか“無料サポート”で十分か?Appleのサポート「AppleCare」「AppleCare+」の違い【第2回】

Appleは自社製品向けの有料のサポートサービス「AppleCare+」を提供している。このサービスは無料サポートサービスの「AppleCare」とは何が違うのか。

2023年11月10日 08時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

Apple | Mac | iPad | iPhone


 Appleは自社製品の「Mac」や「iPhone」を購入したユーザーに、無料のサポートサービス「AppleCare」を提供している。それに加えて、有料のサポートサービス「AppleCare+」も提供している。

 AppleCare+は、AppleCareよりも保証期間が長く、サポートサービスの内容が充実している。ハードウェア保証とテクニカルサポートの両方の期間が延長されることに加え、過失や事故による損傷も無料または格安修理サービスの対象になる。ただしこの場合は、対象となる案件1件ごとに追加のサービス料が適用される。AppleCare+の対象となる端末は、AppleCareではサービスの適用外だった、劣化したバッテリーの修理と交換のためのサービスも受けられる。

AppleCare+の内容は? 「Mac」「iPhone」「iPad」のサービスを比較

併せて読みたいお薦め記事

連載:Appleのサポート「AppleCare」「AppleCare+」の違い

Apple製品について詳しく


 AppleCare+の保証の範囲は、製品の種類によって異なる。Mac向けの「AppleCare+ for Mac」は、端末に搭載されたバッテリーやメモリモジュール(RAM)に加え、純正の電源コードや、Appleの外付けドライブ「Apple USB SuperDrive」などの関連製品も保証の対象になる。ユーザーはハードウェアとソフトウェアに関する疑問について、チャットまたは電話でテクニカルサポートを受けられる。デスクトップPC型のMacの場合は出張修理も保証に含まれているが、ノートPC型のMacは対象外だ。しかしどのようなタイプのMacであっても、配送修理と、Apple StoreまたはApple正規サービスプロバイダー(AASP)への持ち込み修理が可能だ。

 Mac向けのAppleCare+には、保証期間1年分を支払う年間プランと、3年分をまとめて支払う定期プランがある。利用料金は、Macのモデルによって異なる。2023年11月時点で、15型の「Macbook Air」は、年間プランだと89.99ドル、3年間では249ドルで、日本での提供価格はそれぞれ1万2800円と3万4800円だ。どのプランも、過失や事故による端末損傷の場合は、1件ごとに修理料金が追加で掛かる。

 iPhone向けのAppleCare+のサービス内容は、Macと大きな違いはない。本体やバッテリー、Lightningケーブルなどの付属品が対象となる。ほとんどの大都市圏で即日のサービスが受けられることに加え、一部地域では出張サービスもある。エクスプレス交換サービスを利用すれば交換用の端末が送られてくるため、ユーザーは修理から端末が戻ってくるのを待つことなく、端末を使い続けられる。

 AppleはiPhone向けに、「AppleCare+盗難・紛失プラン」も提供している。同プランを利用すれば、iPhoneが盗難や紛失に遭った場合、同等のiPhoneと交換できる。このサービスは1年間に2回まで利用できる。

 iPhone向けのAppleCare+には月ごとに支払うプランと2年間の2つのプランがあり、料金はモデルによって異なる。例えば「iPhone 15」の場合、盗難と紛失の保証がないAppleCare+は月払いが月額7.99ドル(1180円)、2年間のプランが149ドル(2万3800円)だ。「AppleCare+盗難・紛失プラン」では、月払いが月額11.49ドル(1340円)、2年間が219ドル(2万6800円)となる。いずれのプランも、画面または背面ガラスの損傷や、過失や事故による損傷には修理料金が掛かる場合がある。

 AppleはiPadにも同じようにApple Care+を用意している。しかしMacやiPhoneほどサービスの内容は充実していない。修理は配送とAASPへの持ち込みのみで、iPhoneのような盗難・紛失プランはない。ただしエクスプレス交換サービスは用意されている。サービスの適用範囲は、AppleのiPad向けスタイラスペンの「Apple Pencil」や、Apple製のiPad用キーボードもApple Care+の対象になる。

 iPadのAppleCare+には、月払いと2年間のプランがあり、料金はモデルによって異なる。例えば12.9型の「iPad Pro」だと、月払いで月額7.99ドル(1100円)、2年間で149ドル(2万1800円)となる。いずれのプランも、過失や事故による損傷には修理料金が掛かる場合がある。

 AppleCare+への加入を考えるときは、購入予定の端末で利用できるサービスの内容を慎重に検討すべきだ。


 第3回は、Apple製端末の企業向けのサポートサービス「AppleCare+ for Business Essentials」について詳しく説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...