TechTargetジャパン

手作業による運用管理からの解放
DevOpsでビジネスにスピードと信頼性を、運用自動化のベストプラクティスは
ビジネスのスピードを上げるには、開発と運用が連携してシステム開発を進める「DevOps」の実践が大きな鍵となる。その実現には運用自動化ツールが欠かせない。(2017/2/22)

0.5歩先の未来を作る医療IT
医療現場にITが浸透しない理由――新しいシステムへの恐怖はなぜ生まれるのか?
医療現場でIT製品の導入を進めようとすると、スタッフから否定的な意見が上がることが少なくない。この「IT化への恐怖」の根源は何だろうか。(2016/11/28)

運用チーム主導のIT改革
システム障害の原因究明を迅速化――アコムが臨む“攻め”の運用管理術
システムを常時監視し、障害をいち早く検知できても、業務への影響範囲を特定できなければ迅速な復旧は図れない。消費者金融大手のアコムは、この仕組みを自動化し、事前対策を可能にする運用を目指している。(2016/12/14)

ハードウェア交換で起きる認証問題も対応
誰もが一度はイライラする“Windowsライセンス認証”、「Windows 10」では起きない?
Microsoftは、「Windows 10 Anniversary Edition」にライセンス認証のトラブルシューティング機能を追加した。どのような場面で、役に立つのか紹介する。(2016/10/21)

ストレージ管理者が学べることとは
危険水位を超えつつある「Pokemon GO」運営サーバの現状
ストレージ管理者にとって、Pokemon GOのブームは多くの教訓を含んでいる。サーバクラッシュや不正アクセス対策がその最たるものだ。予想外の負荷にPokemon GOの運用サーバは今どのような状況にあるのか(2016/8/17)

諸悪の根源は必ずいる
社内LANからクラウド──複雑怪奇なネットワークに潜むトラブルを「退治」する
スマートフォンをかざせば見えないモンスターが現れてゲットできるのは“なんとかGO”の世界。ネットワークのトラブル解決もそんな感じで解決できればいいのだが。(2016/7/25)

暗号化ストレージの復旧も短時間で
隠れたお荷物「ストレージセキュリティ」からIT管理者を解放する
セキュリティリスクでネットワークと共に問題になるのがデータストレージだ。対策手段は早くからあるものの、運用は難しくユーザーの使い方も完全でない。そのため、今なお「危険な存在」であり続けている。(2016/3/8)

ケアレスミスほど解決が難しい
見くびっていると超難問、無線LANとWindowsの単純トラブル処方薬
IT機器管理者は多くの複雑な問題に遭遇する。しかし、無線LANに接続できないなど、基本的な問題を解決することもスムーズな運用には不可欠だ。(2016/2/26)

NYSE、WSJのシステム停止はなぜ起きた?
今日もまたコンピュータが動かない――その理由と対策
仮想化と自動化のソフトウェアのおかげでシステム障害への対応は迅速に行われるようになったものの、有名企業はいまだにシステム停止の憂き目に遭っている。(2015/8/11)

気になるツイート……サイバー攻撃の可能性は?
その日何が? ニューヨーク証券取引所“3時間システム停止の謎”を追う
ニューヨーク証券取引所で先頃発生したシステム障害は、ゲートウェイのソフトウェアを更新した際の設定の不備が原因と発表された。これは自動化によって防げることだ。(2015/7/21)

中堅・中小企業でも導入できる価格と扱いやすさ
ネットワークの可視化で運用現場が変わる システムトラブル対応時間を最短化する新手法とは?
予期せぬ障害リスクはあらゆるシステムに付きまとう。そこでシステム部門は各種の管理ツールの活用を進めてきたものの、システムの複雑化が取り組みに暗い影を落としている。現状をどう打開すべきか。(2015/6/12)

【IFRS】プロジェクト成功の切り札「PMO」活用法【第4回】
プロジェクト運営の難所はこうして乗り越える
プロジェクトを進めていく上で難所となる要件定義やベンダ選定。うまく乗り切るには事前の準備と共にIT部門と業務部門の協力が必須だ。どのような準備、作業を行うべきか具体的に説明しよう。(2012/7/27)

【IFRS】財務経理ビジネストレンド【第2回】
IFRSではクラウドをどう会計処理する?
IFRSプロジェクトを担当する財務経理部員にぜひ知ってもらいたいのがクラウドコンピューティングのメリットとその活用方法だ。クラウドは企業の経理処理、IFRSプロジェクトをどう変えるのか。連載第2回ではその利用形態別の会計処理方法をお伝えする。(2011/11/17)

グループウェア導入事例:INSUITE
ニッケンが解決したNotes移行の2大課題、業務に即したワークフローと膨大なDB移行
Notesを徹底的にカスタマイズして社内情報共有基盤を構築していたレンタルのニッケン。他社グループウェアとWebデータベースの組み合わせへのリプレースで、さらなるビジネスプロセスの効率化を目指す。(2011/10/6)

【連載コラム】医療ITの現場から
電子カルテ買い替え時に注意すべき点
電子カルテを導入済みの医師から、他メーカー製品への買い替えについての相談が増えている。しかし、悩んだ末に現在使用している電子カルテを再度リースする場合が多い。その理由とは?(2011/9/5)

再考:流通業のBCP【最終回】
「BCPの高度化は流通業の差別化策につながる」中央物産に聞く3.11以降のBCP
東日本大震災の直後から復旧作業に取り組んだ中央物産だが、その道のりは決して平たんではなかった。システムトラブルが続く小売店も少なくなく、せっかく届けた商品の引き取りを拒まれるケースもあったという。(2011/7/6)

中小企業のための災害復旧/事業継続計画
わずかなダウンタイムでシステム丸ごと復旧 〜中小企業に最適なお手軽リカバリツール
データをバックアップしているだけでは、数時間・数分単位のRTOを達成することは難しい。シマンテックが提供する「Symantec System Recovery 2011」なら、バックアップしたシステムを素早く戻せる。(2011/6/10)

再考:流通業のBCP
東日本大震災で未曾有の被害に遭った日本。当然流通業も大きなダメージを受けている。ベンダーやユーザー企業へのアンケート・取材を通して、東日本大震災を踏まえた流通業のBCP策定を考える。(2011/4/20)

早期復興を見据えた事業継続計画(BCP)と災害対策
避け得ぬ自然災害の中で、企業活動の継続・活性化は復興の原動力となる。東北地方太平洋沖地震とそれによって引き起こされた津波は、地震大国日本おける事業継続計画(BCP)の重要性を見直すきっかけとなった。(2011/3/16)

NEWS
日立東日本ソリューションズ、ソフトウェア開発向けプロジェクト管理システムを発表
製造業・建設業向けのプロジェクト管理システムをベースに、日立グループの開発ノウハウを集約して、ソフトウェア開発向けの新製品を提供する。(2010/6/14)

「ビジネス要件」に関する誤解を解く
プロジェクトで要件変更の発生を避けるには
要件定義が重要視されているにもかかわらず、プロジェクトでのクリープ(要件の変更)が発生するのはなぜか。その原因と対策を紹介する。(2009/7/7)

NEWS
富士通、小規模システム向け運用管理サービスを提供開始
小規模システム向けのオンサイト型運用支援サービスと訪問診断サービスを、同社のIT運用管理サービスのメニューに追加した。(2009/1/8)

もうレストランでノートPCを取り出さなくても済む
緊急のシステム管理作業を携帯電話でさりげなくこなす
システム管理者にとって、トラブル発生の緊急連絡は避けられない。だが、必ずしもノートPCは必要ではなく、直接携帯電話から問題に対処し、解決できることもある。(2008/11/5)

NEWS
「ユーザーサポート代行します」――日立電サが社内ヘルプデスクの新サービス
これまで提供してきたIT機器運用・管理サービスに加え、ユーザーサポート業務を機器1台当たり400円で支援・代行するサービスを提供開始。自社内に情報システム部門を持たない中小規模の顧客がターゲット。(2008/8/8)

Column
CIOを悩ますインターネット私的利用問題
社員によるインターネットの私的利用は生産性を低下させるだけでなく、セキュリティの脅威にもなりうる。(2006/4/14)