2009年08月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アプリケーションの互換性確認に役立つサイトを紹介開発者にとっての「Windows 7」とは

Windowsの新バージョンの登場で多くの開発者が直面すると思われる問題を取り上げ、Windows 7でこれらの問題に取り組むのに役立つMicrosoftの公式サイトを紹介する。

[Patrick Meader,TechTarget]

 新しいOSで開発者に関係がある機能は、全体的な枠組みの中では比較的注目を浴びることが少ない部分だ。しかし、好むと好まざるとにかかわらず、新OSのリリースはアプリケーションの開発プロセスに大きな影響を及ぼす可能性がある。

 例えば、既存のアプリケーションについて、最新版のOSとの互換性を検証し、互換性を維持するために必要な修正をアプリケーションに施すかどうかを判断する必要があるかもしれない。また、あなたの会社あるいは顧客が、新しいUI(ユーザーインタフェース)仕様に合わせて既存アプリケーションのUIを修正するよう求めるかもしれない。

 本稿では、Windowsの新バージョンの登場で多くの開発者が直面すると思われる問題を取り上げ、Windows 7でこれらの問題に取り組むのに役立つMicrosoftの公式サイトを紹介する。

 開発者の視点から見て、Microsoftが新OSで導入する変更の内容がよく分からないという読者は、「Windows 7 の開発者向け情報」で概要を把握するといいだろう。ここからリンクされている「Windows 7 開発者ガイド」では、アプリケーションエクスペリエンスを改良する方法やWindowsとWebを有効活用する方法など、Windows 7におけるアプリケーション開発の基本的な問題について説明されている。

開発ツールキットをダウンロードする

 Microsoftは2009年にWindows 7用アプリケーションの開発に役立つ2つの新しいツールキットをリリースした。「Windows API Code Pack for Microsoft .NET Framework」(以下、Windows API Code Pack)と「Windows 7 Training Kit for Developers」だ。

 Windows API Code Packには、各種のUIコントロール(ソースコード付き)、Explorerブラウザコントロール、Windows 7とVista用のコモンファイルダイアログ、センサープラットフォーム、電源管理、アプリケーション再起動・リカバリなどのAPIが含まれる。API Code PackはMSDNのこのページからダウンロードできる。

 「Windows 7 Training Kit for Developers」には、Windows 7を理解するのに役立つ幾つかの実際的なプレゼンテーションやデモ、体験ラボなどが含まれる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...