2011年09月09日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ホワイトペーパーレビュースマートフォン、タブレットの業務活用術を紹介する3つのホワイトペーパー

アプリケーションの配布と管理、セキュリティ対策、情報共有……。こうしたスマートフォンやタブレットの業務活用時に気になるポイントを整理し、解決方法を記した3つのホワイトペーパーを紹介する。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 スマートフォンタブレットを企業導入した事例は、ここ数年で多く聞くようになった。そうした企業が、実際にどのように端末を活用しているのか、これから導入を検討している企業にとっては気になるポイントだ。

 今回紹介する3つのホワイトペーパーは、スマートフォンやタブレットの導入時に検討・実施しておくべき事項と、導入後に役立つツールや活用法を紹介している。既に端末を導入済みという企業でも、再検討すべき事柄がないか見直す資料として、ぜひお役立ていただきたい。

タブレット選びは慎重に

コンシューマスレートの企業導入の誤解と真実

画像 提供:日本マイクロソフト、ページ数:9ページ

 コンシューマー製品として人気の高いAppleのiPadは、ビジネスにおいても活躍の場を広げている。移動先でのメール確認や資料の見直しなど、利用用途も多い。一方で、PCとの置き換えで考えた場合はどうだろうか。これまで利用していた業務用アプリケーションに端末が対応していなかったり、社内のファイルサーバにアクセスできないといった課題が付きまとう。

 本ホワイトペーパーでは、経営者と社員のやりとりを通じて、タブレットの企業導入時に解決すべき問題と、その解決法を分かりやすく紹介している。マイクロソフトでは、タブレットのように板状の形状をしている端末を「スレート型PC」と呼んでおり、さらにその中でも設計思想の違いでタブレットを「コンシューマスレート」「ビジネススレート」の2種類に分類している。

 「今ある社内の情報資産を生かせるか」「業務生産性は向上するのか?」、こうした疑問を1ページに1問ずつ挙げ、細かく解説している。また、本ホワイトペーパー後半では、挙げられた全ての課題を考慮した上で、生産性向上に寄与するタブレットとして、Windows 7ベースビジネススレートを提案。Windowsユーザーにとっては、これまでのスキルやノウハウをそのまま生かせるなど、多くのメリットがあると述べている。

利用シーンで考える一歩進んだスマートフォン活用

スマートデバイスとPC混在環境でどう情報共有? その運用は?

画像 提供:ソリトンシステムズ、ページ数:29ページ

 スマートフォンの業務活用に対する関心が高まると同時に、関連するアンケート調査も数多く実施されている。ソリトンシステムズでは、各メディアが実施している調査結果を基に、スマートフォンの企業導入時に障壁となる点や実際の利用シーンを想定した際に役立つ製品を提案している。本ホワイトペーパーは、それらの情報をまとめたものである。

 同社が挙げるスマートデバイス導入時の課題は、個人と端末それぞれの認証、そしてファイル共有や転送だ。ホワイトペーパーでは、認証要素を表でまとめ、各要素を図入りで紹介している。端末ID情報(MACアドレス、UDIDなど)、電子証明書、ID/パスワード、端末認証(ICカード、ワンタイムパスワードなど)、それぞれの認証強度や長所・短所が分かる。

 また、ビジネスパーソンはスマートフォンをどう活用しているのか、実際の用途を聞いた調査結果を引き合いに、文書や資料などの閲覧・共有をポイントとして挙げている。その結果から、同社ではセキュリティも担保しながら効率的なファイル転送を実現する方法として、ファイル転送アプライアンス「FileZen」を提案。社内外問わず、PC、スマートフォン、タブレットなど各種端末間でのセキュアなファイル共有を実現するという。

ビジネス活用のポイントと3つの成功事例を紹介

スマートフォンを活用して業務効率を向上させる7つのポイント

画像 提供:アクシスソフト、ページ数:25ページ

 アクシスソフトは、スマートフォンに最適化した業務向けブラウザ環境「Biz/Browser Mobile」や、スマートフォンの画面サイズをエミュレートしながら設計できる開発環境「Biz/Designer Mobile」を提供している。

 本ホワイトペーパーでは、同社が提案するスマートフォンの活用ポイントとして、「操作しやすい業務アプリケーション」や「アプリケーションの自動配布」「デスクトップ側の業務システムとの共通化」など、業務時に欠かせないアプリケーション関連の事項を7点紹介している。

 またホワイトペーパー後半では、採用事例として基幹システムで管理する入金管理データベースのデータをスマートフォンで閲覧可能にしたヤマトリースの事例を紹介。加えて、料金回収システムのスマートフォン対応をした飲食店向けサービス業、店舗の在庫管理システムをPDAとWebアプリケーションで展開したレストランチェーンの事例を紹介している。

 今回紹介したホワイトペーパー以外にも、ホワイトペーパーダウンロードセンターでは、スマートフォンやタブレット導入時に参考となる技術文書や製品資料、事例紹介などを掲載している。ぜひダウンロードしてご活用いただきたい。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

Marketoはどこに向かう?――Google Cloud Platformとの協業、ABM、AIへの注力etc.
「The Marketing Nation Summit 2017」におけるMarketo本社幹部の講演から、同社の今後の...

news129.jpg

凸版印刷、カタログのQRコードで即時決済できる物販支援決済サービスを提供
凸版印刷は、販促媒体に商品紹介と合わせて専用のQRコードを掲載することで商品販売を実...

news082.jpg

店舗Wi-Fi経由で広告や割引クーポンを配布、ネットワンパートナーズがサービス提供
ネットワンパートナーズは、店舗のWi-Fiを活用したデジタルマーケティングを実現する小売...