2012年07月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

タレントマネジメント製品紹介【第5回】 ヨドバシカメラ、カルビーが採用 「Rosic」の日本的人材管理とは

「Rosic」が追求するのは日本企業に最適な人材管理だ。人材情報の可視化や分析で、組織全体のパフォーマンスの底上げを目指す。ヨドバシカメラやカルビーも採用する同ツールの特徴とは。

[吉村哲樹]

人材管理にかかわる全ての人の利用を想定

 「Rosic(ロシック)人材マネジメントシステム」は、インフォテクノスコンサルティング(以下、インフォテクノス)が開発・提供する、純国産の人事システム。国産の人事システムというと、人事部門の業務効率化を目的とした昔ながらの人事・給与パッケージのイメージが強いかもしれないが、Rosic人材マネジメントシステムは当初から、人事部門に限らず経営層や現場マネジャーなど、企業内で人材マネジメントにかかわる全ての立場の人が活用できるシステムを指向している。

 同製品は、アーキテクチャの面でも従来の人事パッケージ製品とは一線を画する。そのベース部分には「Rosic」というアプリケーション開発ミドルウェアが位置し、Rosic人材マネジメントシステムは、その上に構築されたパッケージソフトウェアの1つという位置付けだ。これにRosic上で稼働するオプションモジュールと、同じくRosic上で別途カスタマイズ開発したモジュールを加えることで、顧客のニーズに柔軟に対応するというのが、Rosic全体のコンセプトになっている。

画像 インフォテクノス セールス・マーケティング事業部 奥野聡子氏

 こうしたアプローチを採用した理由について、インフォテクノス セールス・マーケティング事業部 奥野聡子氏は次のように説明する。

 「人材マネジメントは、“人”という流動的な対象を扱うため、パッケージ製品だけではどうしても顧客ニーズに100%フィットしない。そのためRosic人材マネジメントシステムでは、基本機能をパッケージの形で提供した上で、さらに拡張機能やカスタマイズの柔軟性も提供し、より顧客のニーズに合致したシステムを目指している」

 また同製品は、特にここ数年の間で急速にユーザーを増やしており、導入企業の規模も管理従業員数100人から2万人と広範に及ぶ。その中には、本田技術研究所(管理従業員数1万4000人)やヨドバシカメラ(同7000人)、カルビー(同3000人)といった、日本を代表する大手企業も数多く含まれている。こうした動向について、奥野氏は「日本企業における人事業務の在り方が変わってきた」と説明し、以下のように述べる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

ブレインパッド、人工知能のビジネス活用を支援するサービス提供を提供開始
ブレインパッドは、人工知能(AI)を用いた最新技術のビジネス活用を支援する「機械学習...

news096.jpg

モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」でWebフォントの文字詰めに対応
モリサワは、Webフォントサービス「TypeSquare」において、モリサワフォントを含む配信中...

news060.jpg

「愛される理由」はアンケートでは分からない――定量調査と定性調査、それぞれの役割
ビジネスに貢献するロイヤリティーの高いユーザーを育てるため、“愛されWeb”の構築は重...