2014年03月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第3回】IoTを支える技術と業界構造を整理する

センサー技術や通信技術、情報処理システムなど、モノのインターネット(IoT)を支える技術は多岐にわたる。今回はIoTに関連する技術や業界がどのような構造になっているかを考察する。

[水上 晃,デロイト トーマツコンサルティング]

 前回(関連記事:データの海に溺れない IoT時代に求められるビッグデータ活用の在り方)までは、「モノのインターネット」(Internet of Things:IoT)の概要と価値創造の源泉となり得るアナリティクスについて考察した。今回はIoTを支える技術や業界がどのような構造になっているかを解説する。

1.M2Mを支える技術と複雑なベンダー構造

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...