2015年01月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

米TechTargetの2014年デスクトップ関連記事ランキング「Surface Pro」か「Windows 10」か、読者が最も熱中した話題は?

「Windows」と「Office」にさまざまな動きがあった2014年、米TechTargetで最も読まれたデスクトップ関連の記事は米Microsoftに関するニュースがほとんどを占めた。上位の記事を紹介する。

[Eugene Demaitre,TechTarget]
0115_kf_desktop190.jpg

 米TechTargetが2014年に取り上げた米Microsoft関連の記事は以前からの読者にはなじみのある内容だ。クライアントPCなど企業のエンドポイントデバイスは、2014年も引き続き、新型OSへのいや応なしのアップグレードを迫られた。「Windows XP」が依然として企業市場で全体の4分の1近くのシェアを占める中、IT管理者は「Windows 7」(Windows 7自体もサポート終了が近い)か「Windows 8.1」、あるいは「Windows 10」を待つかの選択に直面した。

 2014年に米TechTargetに掲載されたデスクトップ関連記事のトップ10を以下で紹介する。皆さんは、2014年のデスクトップ関連の最大のニュースは何だとお考えだろう。そして、2015年にはどのような記事をお望みだろうか。

1位.Surface Pro 3の導入が進み、Surface RTの存在感が低下

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...