2015年01月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

米TechTargetの2014年デスクトップ関連記事ランキング「Surface Pro」か「Windows 10」か、読者が最も熱中した話題は?

「Windows」と「Office」にさまざまな動きがあった2014年、米TechTargetで最も読まれたデスクトップ関連の記事は米Microsoftに関するニュースがほとんどを占めた。上位の記事を紹介する。

[Eugene Demaitre,TechTarget]
0115_kf_desktop190.jpg

 米TechTargetが2014年に取り上げた米Microsoft関連の記事は以前からの読者にはなじみのある内容だ。クライアントPCなど企業のエンドポイントデバイスは、2014年も引き続き、新型OSへのいや応なしのアップグレードを迫られた。「Windows XP」が依然として企業市場で全体の4分の1近くのシェアを占める中、IT管理者は「Windows 7」(Windows 7自体もサポート終了が近い)か「Windows 8.1」、あるいは「Windows 10」を待つかの選択に直面した。

 2014年に米TechTargetに掲載されたデスクトップ関連記事のトップ10を以下で紹介する。皆さんは、2014年のデスクトップ関連の最大のニュースは何だとお考えだろう。そして、2015年にはどのような記事をお望みだろうか。

1位.Surface Pro 3の導入が進み、Surface RTの存在感が低下

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

RPAを活用したWebサイト運用の生産性向上サービス、メンバーズが提供開始
メンバーズは、RPAなどを活用してWebサイトの運用コストを最大50%削減する「生産性向上...

news059.jpg

「スマホなしで外出するよりも公共の場で服を着ない方がまし」が4分の1――カスペルスキー調べ
世界15カ国1万人超を対象にした意識調査で浮かび上がったインターネットユーザーの本音と...

news012.jpg

Criteo CEOが語る「フルファネル」「AI」「日本市場」
パフォーマンスマーケティング企業としてEC事業者を中心に支持されるCriteo。CEOに復帰し...