2015年05月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

OpenStack環境のストレージ選定ポイント【第1回】OpenStackのブロックストレージ「Cinder」の押さえておきたい機能

OpenStackのブロックストレージ機能である「Cinder」は、OpenStackの企業利用に欠かせないコンポーネントだ。Cinderを中心に、ストレージ関連コンポーネントについて解説する。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]
tt_aa_openstack_290.gif OpenStackのストレージ関連コンポーネント《クリックで拡大》

 一般企業での「OpenStack」採用検討が本格化しているようだ。実際に検証実施まではいかなくとも、相談の件数は着実に増えてきている。OpenStackが着目されている理由としては、アジリティ(俊敏性)、コスト削減、新規技術の採用、ベンダーロックイン回避などが挙げられる。その中でもアジリティについては一般企業も重要視し始めている。一般企業のITシステムも、追加/拡張/縮小をより短時間で行うことが求められてきているからだ。また、海外では米VMware製品からOpenStackに乗り換えるユーザー事例(米PayPalなど)も出てきている。国内市場においても、サーバ仮想化は本格的な普及期に入っている中、次期リプレースを見据えて、OpenStackは今から注目すべき技術トピックといえるだろう。

 本連載「OpenStack環境のストレージ選定ポイント」では、OpenStack環境のインフラとして、ストレージに着目して選定のポイントを紹介する。最終ゴールは、OpenStackを導入する際のストレージ製品の選定ポイントを明確化することである。本題に入る前に、今回はOpenStackのストレージ関連コンポーネントについての理解を深め、次回では各ストレージベンダーの取り組み、独自性を紹介したい。

 今回の内容は下記の通りである。

  • OpenStackに適したストレージはOSS? それとも商用ストレージ?
  • OpenStackのストレージ関連コンポーネント
  • Cinderを深く理解しよう

OpenStackに適したストレージはOSS? それとも商用ストレージ?

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

Facebook、非ユーザーにも関連性の高い広告を配信可能に
Facebookは「オーディエンスネットワーク」を拡張し、Webサイトのパブリッシャーやアプリ...

news059.jpg

人工知能とDMPで潜在顧客層を発見、ソネット・メディア・ネットワークスが新サービスを提供
ソネット・メディア・ネットワークスは、人工知能とDMPを活用した「Logicad潜在顧客ター...

news111.jpg

シャノン、マーケティングオートメーションツールの広告効果測定機能を強化
シャノンは、「SHANON MARKETING PLATFORM」において、リードデータと広告データをひも付...