2015年08月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

リスクはエンドポイントにあり「Windows」のローカル管理者権限をスタッフから剥奪すべき“正当な理由”

従業員のご機嫌を取るという理由だけのためにローカルの管理者権限を付与している企業もある。だが、管理者特権を剥奪することで、多くの問題を防止し、セキュリティは向上する。

[Kevin Beaver,TechTarget]
画像 「Windows 10」ではセキュリティが強化された《クリックで拡大》

 ローカル管理者権限を従業員から剥奪すれば、米Microsoftの「Windows」のセキュリティは間違いなく向上する。だが、従業員が各自のクライアントPCを制御できないようにすることで生じる影響から、多くの管理者は、このアプローチで得られるメリットを享受することに二の足を踏んでいる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...