2017年06月09日 09時00分 UPDATE
特集/連載

孤立無援なIT担当者でもできる無線LAN導入ガイド【第3回】中小規模オフィスに適した802.11ac Wave 2準拠アクセスポイントを選ぶ (1/2)

オフィスに無線LANを導入するこの連載。採用する無線LANの規格も決まった。購入する無線LANアクセスポイントのチェックポイントも分かった。では、具体的に購入するモデルを選んでみよう。

[大原雄介,著]

この連載は

業務におけるスマートフォンやタブレットの利用がごく当たり前となった現代では、「いやうちはまだ導入しない」と拒んできた企業でも無線LAN環境のオフィス導入を検討せざるを得ないだろう。この連載では、有線LANと同じ伝送能力を発揮する「802.11ac Wave2」をオフィスに導入するために必要なポイントを紹介する。


 オフィスに無線LANを導入するために必要なことをチェックしていくこの連載では、第1回で導入すべき無線LANの規格をチェックし、第2回では無線LANを導入するに当たって最も重要となる、無線LANアクセスポイントの検討ポイントと設置場所のガイドラインを紹介した。

 その中で、導入すべき無線LAN規格として「802.11ac Wave 2」(無線LAN「IEEE 802.11ac」のフルスペック実装)をお薦めした。802.11ac Wave 2は、理論性能で最大6.9Gbpsという有線LANにも匹敵する伝送速度を誇る。「MU-MIMO」(Multi User MIMO)を利用したビームフォーミングを採用して干渉を最小限に抑えて、転送速度の低下を少なくできる。またアクセスポイントの設置で注意したい点として、設置場所と合わせて電源供給のためのPoE(Power over Ethernet)準拠と、802.11ac Wave 2で実現した高速伝送を無駄にしない有線LAN規格「IEEE 802.3bz」準拠を挙げている。

 では、以上の条件に合うアクセスポイントの具体的な製品選定に進もう。既に家庭用、ビジネス用共に802.11ac Wave 2に準拠した製品がそろっている。しかし前回でも解説したように、家庭用に関しては、同時接続数や複数のアクセスポイントを設置した場合の管理などに難がある。そこで今回はビジネス用に絞って紹介する。

Cisco Systems「Aironet 1800シリーズ」

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。