2017年07月31日 05時00分 UPDATE
特集/連載

「教育ITソリューションEXPO」から探る「AIロボット」や「VR」が学校の教材に? 広がる教育市場の最新技術活用 (1/3)

ビジネスへの応用が進む人工知能やドローン、VRなど新しい技術の活用が、教育分野でも広がる可能性がある。「教育ITソリューションEXPO」の展示内容から、教育機関向けIT製品の最新動向を追う。

[神谷加代,著]

関連キーワード

EdTech | 教育 | 教育IT


 いよいよ2018年度から、次期学習指導要領の移行措置期間が始まる。小学校におけるプログラミング教育の必修化や英語の教科化(小学校3、4年生は必修化)など、2020年の本格実施に向けて取り組みを開始する教育機関や自治体が多いだろう。

 次期学習指導要領に基づく学びの実現に向けて、現場にはどのようなIT製品が必要になるのか。2017年5月17日から19日までの3日間、東京ビッグサイトで開催された日本最大の教育専門展「教育ITソリューションEXPO」(以下、EDIX)には、例年通り全国から教育関係者が詰めかけた。第8回目となった今回は、前年と比べて180社増加の800社が出展。来場者は3日間で3万人を超えた。

 中でも教育関係者らの注目を集めたのが、プログラミング教育やSTEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)教育関連の製品を展示した「学びNEXT」のゾーンだ。学びNEXTの展示内容を基に、今後教育機関に普及するであろう製品分野の動向を探っていこう。

英語で話し掛ける人工知能搭載ロボット

写真 写真1 AI技術を活用して自然な英会話を実現したMusio《クリックで拡大》

 近年、金融や情報産業など多方面で人工知能(AI)技術の活用が進んでいる。最近では教育現場で活用できるAI技術活用製品も登場し始めており、学びNEXTでも来場者の注目を集めていた。その1つがAKAの英語学習ロボット「Musio」だ(写真1)。Musioは学習者が英語で話し掛けると、その答えを英語で返してくれる。

 特徴的なのは、学習者が話し掛けた内容に対して、Musioがどのような答えを返すのかが事前にプログラムされていないところだ。「ディープラーニング」(深層学習)と呼ばれるAI技術をベースにした自然言語処理技術を利用し、紋切り型ではない自然な英会話を実現する(画面1)。

画面 画面1 Musioとの会話。Musioの英語が聞き取れなくてもアプリケーションで確認することが可能《クリックで拡大》

       1|2|3 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

出版取次大手の日本出版販売が腐女子のポータルサイトと連携、書店への来店促進にARアプリを活用
日本出版販売は、ボーイズラブコミック専門ガイドブック「B+LIBRARY vol.3」にARアプリ「...

news077.jpg

月額9900円、Twitter広告の新たなメニュー「オートプロモート」の特徴を5つのポイントで解説
Twitter Japanは、月額9900円で毎日10ツイートとプロフィールを広告化できる「オートプロ...

news057.jpg

DACと博報堂アイ・スタジオがコンテンツマーケティング支援チームを組成
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと博報堂アイ・スタジオは、コンテンツマー...