TechTargetジャパン

事例
CMSを導入した企業の導入事例集
 ブログツールとして世界中で愛されている Movable Type を、CMS(コンテンツ管理システム)として活用する企業が急増している。 Movable Type は、これまでビジネスブログ構築ツールとして企業や個人ユーザーに親しまれてきた。さらに、 Movable Type 4 へのバージョン...(2008/3/27 提供:シックス・アパート株式会社)

レポート
失敗しないB2Bソーシャルマーケティングの鉄則
 ソーシャルマーケティングは、既にわれわれの生活に欠かせないものとなり、今も進化し続けている。単にソーシャルメディアを活用するだけでなく、ソーシャルマーケティングを行う必要がある。B2Bマーケッターの93%がソーシャルマーケティングを利用しているという調査...(2014/11/11 提供:株式会社マルケト)

技術文書
最新版:Windows Azureテーブル〜テーブルストレージのプログラミング
 このドキュメントでは、Windows Azure Platformが提供する構造化ストレージであるWindows Azureテーブルについて説明します。Windows Azureテーブルはクラウド内の非常にスケーラビリティが高いテーブルをサポートしており、このようなテーブルには何十億個ものエンティ...(2010/8/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
CIOリーダーシップのための戦略導入ガイド
 最高情報責任者(CIO)は、事業の変革を主導し、実現する存在と見なされる必要がある。 本稿では、“顧客の時代”においてITリーダーがビジネステクノロジーとITの課題の両方に重点を置く必要性、ブログとソーシャルメディアを活用して組織内での存在感や影響力を高め...(2016/6/29 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
コンテンツマーケティングは85%の潜在顧客に有効、成功につながる完全ガイド
 コンテンツマーケティングといえば、既存のコンテンツをブラッシュアップし、Webサイト、eメール、ソーシャルなどの各チャネルに適応させることだと理解されがちだ。そうした要素も含むが、本質はその先にある。さまざまな顧客の特性を理解し、その上で最適なチャネルで...(2015/11/25 提供:株式会社マルケト)

レポート
クラウドサービスの「メリットを最大化する条件」と「選択するポイント」とは?
 Webサービス提供企業やゲーム開発企業などを中心に利用が進むクラウドサービス。一般的な業種でも運用コスト削減のために、基幹系システムのクラウド移行を図る企業が増えている。しかしながら、コストパフォーマンスの評価が正しく行えずに、そのメリットを享受できて...(2016/5/16 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
Windows Azureテーブル
 Windows Azure テーブルはクラウド内の非常にスケーラビリティが高いテーブルをサポートしており、このようなテーブルには何十億個ものエンティティや何Tバイトものデータを格納することができます。システムは、トラフィックの増加に応じて自動的に何千台ものサーバへ...(2010/5/26 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
費用対効果に優れたキャンペーンを実現、デジタルコンテンツが「顧客」と「利益」を呼ぶ
 販売の促進などを目的としたキャンペーンで顧客の参加を促す手段として用いられる「デジタルインセンティブ」。モバイルとデジタルコンテンツ市場の発展により、景品やオマケとして配布するコンテンツの多様化が進んでいる。 1990年代にPCの壁紙やスクリーンセイバーな...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

事例
半導体企業はデータ活用でもっと強くなれる!! 〜戦略コンサルの論考をヒントに〜
 普段、仕事に役立てている(社外の)情報源は、どのようなものがあるでしょうか? ニュースや解説記事、専門家のブログに加え、Google検索や書店、セミナーなど、実にいろいろな情報源があると思います。また、設計開発や製品企画などの業務を確実に遂行するためには...(2016/8/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
ITで戦う中小製造業の舞台裏「ICT活用で復活した紳士服メーカーの戦略」
 かつて大阪市中央区にある谷町は「紳士服の町」と呼ばれた。老舗の大手メンズスーツメーカーがひしめき、最盛期には約140社の紳士服店が軒を並べていたという。しかし、アパレル業界に紳士服量販店が誕生し、チェーン店展開で低価格帯スーツの販売を始めた1990年以降...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
米国監視プログラム「PRISM」に挑むTwitter、「HTTPS を標準実装すべき」
 米国諜報機関による通信監視プログラム「PRISM」。その存在が明らかになって以来、テクノロジー企業やオンラインサービス事業者が相次いでユーザー情報の保護に乗り出している。その1社が米Twitterだ。 Twitterは、ユーザー情報の保護強化を目的として暗号化技術「Perf...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
Web攻撃ツールが売買されるブラックマーケット 最新サイバー攻撃の傾向と対策
 2012年にはサイバー攻撃が42%増加し、対策に掛かるコストが6%増加した。 サイバー犯罪者の急激な増加を下支えするのが「Web攻撃ツールキット」の購入が可能なブラックマーケットの存在だ。脆弱性を見つけるハッカー、ツールキットの作成者、脆弱性情報を基にツールキ...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
フラッシュストレージにまつわる「9つの俗説」、気になる真相は?
 フラッシュストレージにまつわる俗説の中でいまだに根強いのが、「高価すぎて予算に合わない」という誤解だ。確かに以前のエンタープライズフラッシュのGB当たり単価は高かったが、今ではHDDと比較した場合の価格面でのデメリットは解消されつつある。 また、「フラッ...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
今あらためて確認する「Raspberry Pi」の性能と業務利用の可能性
 Raspberry Piは、どちらかというと「IoT」(モノのインターネット)というキーワードとともに組み込み開発系のベンダーやユーザー、そして、自分で構築するセンサーなどを組み込んだシステムのデバイス用として「趣味の自作ユーザー」を中心に話題となっていた。しかし...(2016/9/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
使いやすく強力な認証ソリューションが必要な「5つの理由」
 ユーザーIDとパスワードを使う認証方式は、利便性とセキュリティ確保の両方で限界が指摘されている。新しい2要素認証では、指紋などの生体データ、GPSの位置情報などを使うことで、安全で素早いシステムへのアクセスと確実なデータ保護を実現できる。 効果的な2要素認...(2016/9/14 提供:株式会社シマンテック)

事例
顧客体験のパーソナライズ化がもたらすマーケティングの変動
 今日のマーケットは極めて複雑なものになっている。 コミュニケーションの主導権は顧客側にあることが明らかな今、マーケティング担当者の課題は、顧客とのエンゲージメントをより深化させるため、迅速に、時には先回りした顧客対応を取ることが必要となっている。 す...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
ロイヤリティープログラム活用の「5つの課題」――課題解決の処方箋はあるか
 「ロイヤリティープログラム」は、一定の収益を上げるだけでなく、顧客のさらなるロイヤリティー(忠誠度)向上を促すマーケティング施策である。このプログラムは高価格帯商品を対象にするものと考えられてきたが、最近では幅広い価格帯の商品で試されて効果を上げてい...(2016/9/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ムラウチドットコムを支えるシステム基盤――10年以上も止まらない秘訣を探る
 ムラウチドットコムは、PC、家電、家具、アパレル、DIY、生活雑貨など幅広い商品をネット通販で提供する企業だ。販売窓口であるECサイトに不具合が生じたり、レスポンスの遅延が起きたりすることは、売り上げに直結する経営問題となる。従って、24時間365日にわたる安定...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
成功するモバイル開発プロジェクトに必要な「4つの条件」とは
 モバイルの活用が広がる中で、モバイルアプリケーションの開発プロジェクトは、進化するテクノロジーやユーザーの期待に応え続けるプレッシャーから、大きな課題に直面している。3分の2の開発プロジェクトが予算、スケジュール、プロジェクト目標の3つ全てを完全に達成...(2016/8/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビッグデータ分析を強化する新たなプラットフォーム、もう1つの選択肢とは?
 ビッグデータ活用の最も大事なポイントは、膨大なデータからいかにして「価値」ある洞察、戦略や目標を見いだすかにある。住所や年齢、性別などの「構造化された」データだけでなく、電子メールやWebトラフィック、ソーシャルメディアやブログのフィードといった「非構...(2015/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウドを進化させるネットワーク構築「5つのポイント」
 ハイブリッドクラウドを運用する多くの企業にとって、次なる目標はネットワークの仮想化だ。この動きは、本社だけでなく全拠点でクラウドシステムの利用が進み、モバイルやSNS、ビッグデータ分析などの用途が広がることで、ネットワーク運用にさまざまな課題が増えてき...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?
 クラウドに移行する企業は、可能な限り安全で高いセキュリティを備えたアーキテクチャを構築する必要がある。Cloud Security Alliance(CSA)のレポートでは、企業のクラウド環境に対して発生頻度が特に高い攻撃の1つが、分散型サービス拒否攻撃(DDoS攻撃)であること...(2016/6/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
技術者と組織の両方を育てる「いいキャリア」の積み重ねとは
 技術者を目指す人、そして、既に技術者として活躍していてさらに新しい世界を目指している人にとって、技術に関連した知識の収集と実務から得る経験の蓄積は自分の実力を上げるために重要だ。現在のIT関連技術は分野が細分化し、それぞれに専門性を高めているだけに、こ...(2016/7/27 提供:株式会社リクルートキャリア)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月6日号:第4世代フラッシュストレージの衝撃
 Computer Weekly日本語版 7月6日号は、以下の記事で構成されています。■Facebookのソフトウェア開発者に学ぶオープンソースとの付き合い方■ビッグデータ分析を有益なセキュリティツールにするちょい足しレシピ■もう管理しきれない……と言わせないパッチ管理の5つの...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

Loading