TechTargetジャパン

事例
CMSを導入した企業の導入事例集
 ブログツールとして世界中で愛されている Movable Type を、CMS(コンテンツ管理システム)として活用する企業が急増している。 Movable Type は、これまでビジネスブログ構築ツールとして企業や個人ユーザーに親しまれてきた。さらに、 Movable Type 4 へのバージョン...(2008/3/27 提供:シックス・アパート株式会社)

レポート
失敗しないB2Bソーシャルマーケティングの鉄則
 ソーシャルマーケティングは、既にわれわれの生活に欠かせないものとなり、今も進化し続けている。単にソーシャルメディアを活用するだけでなく、ソーシャルマーケティングを行う必要がある。B2Bマーケッターの93%がソーシャルマーケティングを利用しているという調査...(2014/11/11 提供:株式会社マルケト)

技術文書
最新版:Windows Azureテーブル〜テーブルストレージのプログラミング
 このドキュメントでは、Windows Azure Platformが提供する構造化ストレージであるWindows Azureテーブルについて説明します。Windows Azureテーブルはクラウド内の非常にスケーラビリティが高いテーブルをサポートしており、このようなテーブルには何十億個ものエンティ...(2010/8/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
CIOリーダーシップのための戦略導入ガイド
 最高情報責任者(CIO)は、事業の変革を主導し、実現する存在と見なされる必要がある。 本稿では、“顧客の時代”においてITリーダーがビジネステクノロジーとITの課題の両方に重点を置く必要性、ブログとソーシャルメディアを活用して組織内での存在感や影響力を高め...(2016/6/29 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
コンテンツマーケティングは85%の潜在顧客に有効、成功につながる完全ガイド
 コンテンツマーケティングといえば、既存のコンテンツをブラッシュアップし、Webサイト、eメール、ソーシャルなどの各チャネルに適応させることだと理解されがちだ。そうした要素も含むが、本質はその先にある。さまざまな顧客の特性を理解し、その上で最適なチャネルで...(2015/11/25 提供:株式会社マルケト)

レポート
クラウドサービスの「メリットを最大化する条件」と「選択するポイント」とは?
 Webサービス提供企業やゲーム開発企業などを中心に利用が進むクラウドサービス。一般的な業種でも運用コスト削減のために、基幹系システムのクラウド移行を図る企業が増えている。しかしながら、コストパフォーマンスの評価が正しく行えずに、そのメリットを享受できて...(2016/5/16 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
Windows Azureテーブル
 Windows Azure テーブルはクラウド内の非常にスケーラビリティが高いテーブルをサポートしており、このようなテーブルには何十億個ものエンティティや何Tバイトものデータを格納することができます。システムは、トラフィックの増加に応じて自動的に何千台ものサーバへ...(2010/5/26 提供:マイクロソフト株式会社)

事例
ITで戦う中小製造業の舞台裏「ICT活用で復活した紳士服メーカーの戦略」
 かつて大阪市中央区にある谷町は「紳士服の町」と呼ばれた。老舗の大手メンズスーツメーカーがひしめき、最盛期には約140社の紳士服店が軒を並べていたという。しかし、アパレル業界に紳士服量販店が誕生し、チェーン店展開で低価格帯スーツの販売を始めた1990年以降...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「脆弱性を17カ月放置し続けた企業」が受けた“ 社会的制裁”とは?
 システムに潜む脆弱性を悪用してWebサイトを改ざんしたり、重要情報を盗み出したりする攻撃が止まらない。企業にとって、脆弱性をいかに迅速に発見して対処するかは大きな課題だ。ただし、それは言うほど簡単なことではないのも事実である。特にビジネス要求の変化に応...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
ビッグデータ分析を強化する新たなプラットフォーム、もう1つの選択肢とは?
 ビッグデータ活用の最も大事なポイントは、膨大なデータからいかにして「価値」ある洞察、戦略や目標を見いだすかにある。住所や年齢、性別などの「構造化された」データだけでなく、電子メールやWebトラフィック、ソーシャルメディアやブログのフィードといった「非構...(2015/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?
 クラウドに移行する企業は、可能な限り安全で高いセキュリティを備えたアーキテクチャを構築する必要がある。Cloud Security Alliance(CSA)のレポートでは、企業のクラウド環境に対して発生頻度が特に高い攻撃の1つが、分散型サービス拒否攻撃(DDoS攻撃)であること...(2016/6/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
売り込み型ではなく、顧客に見つけてもらう方法を仕掛ける(潜在顧客編)
 日本ではブランドの認知や理解促進のため、広告やメディアを中心としたブランドメッセージの発信(=プッシュ型のマスマーケティング)が主流でした。 しかし、インターネットの普及により質の高い情報を簡単に得られるようになった現在、顧客は賢くなってきています。(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月20日号:多くの企業がやっているセキュリティミステイク
 Computer Weekly日本語版 4月20日号は、以下の記事で構成されています。■世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実■誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC■グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開...(2016/4/20 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か
 あるときは月額料金制の「Microsoft Office」、あるときはクラウドメールサーバと、いろいろな顔を持つ「Office 365」。しかし、さまざまな顔を持つため「『Office 365』とは何で、どのようなことに使えるの」と疑問に持つかもしれません。そして、ITにある程度詳しくて...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
インダストリー4.0に対応するには?――先進企業事例に見るバーチャルシフト
「バーチャルから現実へ(Virtual to Real: V2R)」という概念が出現し、製造業はV2Rへの取り組みを求められはじめている。これは、生産関連の企業が前進するために、現れつつある思考の枠組みの基盤であり、「デジタルビジネス」、「スマートファクトリー」、「インダスト...(2016/6/16 提供:ダッソー・システムズ株式会社)

レポート
「そのコードにOSSは含まれているか?」 法的リスク管理は自覚から始まる
 オープンソースソフトウェア(OSS)は、ソフトウェア開発の現場に広く浸透し、Amazon.comやGoogleのような世界的な企業も積極的に活用している。IT調査会社のガートナーは、2016年までにグローバル企業の99%で、OSSが基幹ソフトウェアに組み込まれると予想している。 ...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
従業員セルフサービス製品導入戦略ガイド
 いつでもどこからでも、さまざまな端末を使って会社のITにアクセスしたがるユーザーから、効率向上のための統合を望む組織まで、進むべき道はクラウドベースサービスにある。コンシューマーにとっても従業員にとっても、それはセルフサービスモデルへの切り替えを意味す...(2016/6/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
注目のOpenStack導入、「間違ったアプローチ」はなぜ危険か
 eBayは、「OpenStack」を利用してプライベートクラウドを自社開発し、コスト削減やセルフサービスの柔軟性など多くのメリットを享受した。ただし、メリットを得るには条件があった――。 本コンテンツでは、注目を集めるOpenStackにフォーカス。eBayをはじめ、6万5000...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
「IBM Watson IoT Platform」で実現するコグニティブコンピューティングの開発とは?
 コグニティブ(認知的)テクノロジー「IBM Watson」でIoTのデータを解析する「IBM Watson IoT Platform」は、機械学習、自然言語処理、テキスト解析、画像および動画の解析という4つのAPIと関連サービスを提供する。コグニティブコンピューティングシステムは膨大なデー...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Windows 10に震えるベテランユーザーたち
 このところ、Windows UpdateからWindows10への移行を催促されているユーザーも多いと思う。前世代のWindows 8とは違って、Windows 10の評判は“それほど”悪くない。新しいOSが登場すると必ず現れるのが「新しいものを否定する自称ベテランユーザー」だ。Windows 10に対...(2016/4/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
リアルタイムなコミュニケーションが鍵、コラボレーションツール活用法
 今日のビジネスにおいてより大きな成果を出すためには、従来のやり方だけでは達成できない。求められているのは、ソーシャルツールなどを含めた柔軟なコミュニケーションの実現である。コミュニケーションの変革により、「顧客に近づくプロセスの改善」「部門や拠点をま...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月25日号:ビジネス化するランサムウェア
 Computer Weekly日本語版 5月25日号は、以下の記事で構成されています。■ランサムウェアにファイルを暗号化されてしまった2つの組織の分かれ道■「Windowsの操作に最も便利なPowerShell」製ランサムウェアの脅威■1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解...(2016/5/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Cortana」「Siri」はまだ時期尚早? 音声アシスタントのビジネス利用の未来像
 Microsoftの「Cortana」やAppleの「Siri」、Googleの「Google Now」など、音声アシスタントが個人利用で人気を博している。しかし、技術がまだ進んでいないこともあり、音声アシスタントのビジネス価値に関して、十分に明確になっていない。果たして音声アシスタント機...(2016/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

市場調査
85%の製品開発が予定通りに進まない!? 開発プロジェクトを停滞させる5つの原因とは
 今日では、製品設計が極めて困難な業務でとなっています。エンジニアには矛盾する要件や制約が提示され、それらすべてを優れた設計によって、より短期間のうちに解決することが求められます。 しかし、困難な状況ではあっても、成功しているエンジニアリング組織があり...(2016/5/10 提供:オートデスク株式会社)

レポート
マルチソース開発でのオープンソース利用で見逃されやすい2つのリスク
 システム関連コストを低減するため、オープンソースの利用が広まっている。先行する米国では、既にソフトウェアパッケージの80%以上で利用され、ミッションクリティカル用途でもオープンソースが活躍、50万〜100万ドルのコスト削減効果も生まれていると調査会社ガート...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

Loading