TechTargetジャパン

レポート
自動車部品サプライヤーに課せられた現実とトレンド[調査レポート]
 昨今、自動車業界においてより重要な3つのトレンドとして、新しい燃費基準の達成、エレクトロニクスおよび組込みソフトウェアへの依存度の増加、および業界の成長への追随が挙げられる。 このようなトレンドから、自動車テクノロジーに根本的な変化が生じつつあり、自...(2015/3/10 提供:シーメンス株式会社)

技術文書
【中小企業白書】収益力の差は、「イノベーションへの意欲」?
 政府は2015年4月24日に2015年版「中小企業白書」(以下、白書)を公開した。2014年4月からの消費増税による個人消費の鈍化や、石油価格の高騰などの影響もあり、中小企業の採算は依然として厳しい状況あることが指摘されている。さらにグローバル化の進展に伴い、従来の...(2016/6/7 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月7日号:PC産業にイノベーションは残っているか?
 Computer Weekly日本語版 5月7日号は、以下の記事で構成されています。■ビッグデータ分析で犯罪の兆候を検出するMicrosoftデジタル犯罪対策部門 米Microsoftは、ビッグデータ分析を犯罪防止と対策に活用して成果を挙げている。ビッグデータ分析の可能性と、同社の活...(2014/5/7 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ビジネス拡大とイノベーションを加速させる「6つのIoTユースケース」とは?
 IoTは、膨大な数のデバイスやセンサーからの情報をインターネット経由で集積する技術だ。これによって世界中で移動を続ける製品や機器、そして消費者の情報を一括して入手できるようになり、加えてビッグデータ分析基盤の発展によって、ビジネス拡大やイノベーションに...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
製造業の生産拠点の配置戦略を一変させる「Next-shoring」ってなんだ?
 これまでの製造業は、生産拠点の配置戦略を立てる際に、需要と供給のニーズに対応できる近隣に配置することを優先してきた。しかし、需要がある場所の近くに拠点を配置することはいまだに重要だが、コスト効率を最優先にすることはあまり意味を持たなくなってきた。現在...(2015/7/8 提供:ポリコムジャパン株式会社)

レポート
これからの10年間を生き抜くための「3つの方向性」――IoT経済の変化に備える
 1970年代に進められた航空座席市場のデジタル化は、航空産業に大きな変化をもたらした。デジタル化以前の標準的な搭乗率は約55〜60%にすぎなかったが、デジタル化が進んだ現在の平均搭乗率は85〜90%近くにもなる。しかし、この変革により航空会社間の競争は激化し、多...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2015/12/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
自動車ソフトウェア開発におけるALM〜先端技術を追求するボッシュの挑戦〜
自動車業界では、高度な技術イノベーションによって刻々と開発環境が変わっている。また、同時に自動車開発におけるニーズも課題も多様化している。グローバル化による競争の激化、環境への配慮、変わりゆく消費者行動への対応、自動運転やIoT…こうした課題に対し、「ソ...(2016/1/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
新たなイノベーションをいち早く開発に、短期でビジネス価値を向上させる方法とは
 クラウドやモバイルを効果的に活用したい。データをもっと経営に生かしたい――。そんなニーズを持つ企業は少なくない。従来、クラウドやモバイルの活用やデータ分析の支援システムを企業に取り入れる場合、膨大なコストが掛かってしまう。しかし、それらの導入コストが...(2015/11/20 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月19日号:新CEOは迷走するMicrosoftを救えるか?
 Computer Weekly日本語版 3月19日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftの新CEOサトヤ・ナデラ氏に集まるIT業界の期待と課題 Microsoftの3代目CEOに就任したサトヤ・ナデラ氏。同氏は迷走中のMicrosoftを再生できるのか? IT業界各所から、Microsoftとナデ...(2014/3/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
フルカラーでマルチマテリアル造形ができる3Dプリンタが新登場
 PolyJetテクノロジーにおける最新のイノベーション、「Stratasys J750」3Dプリンタが新登場。市販されている3Dプリンタの中で最も高性能で汎用性が高く、幅広い特性を持つフルカラーの材料を装填できるため、3Dプリントで作製する試作品のリアリズムを飛躍的に高められ...(2016/6/22 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

技術文書
インダストリー4.0に対応するには?――先進企業事例に見るバーチャルシフト
「バーチャルから現実へ(Virtual to Real: V2R)」という概念が出現し、製造業はV2Rへの取り組みを求められはじめている。これは、生産関連の企業が前進するために、現れつつある思考の枠組みの基盤であり、「デジタルビジネス」、「スマートファクトリー」、「インダスト...(2016/6/16 提供:ダッソー・システムズ株式会社)

技術文書
ハイテク化が進む農業の技術イノベーション
24時間体制の農業や、自律走行トラクタ、無人コンバインなどは、もはや“農業SF(サイエンスフィクション)”の話ではない。現在の農業は、まさにこうした革新的な農業技術の実現に向かっているところなのだ。一般的に農業と聞くと、種をまいて、好天を祈り、作物の成長を...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
予測不可能な次の20年に備える自由なインフラへ 「Old IPとNew IP」その違いとメリット
 ビジネスに選択の幅と柔軟性をもたらす第3のプラットフォームへの対応は、IT部門にとっても喫緊の課題となっている。データ量は増大し、ネットワークは拠点や人だけでなく、無数のモノをつなぐIoTへと変化してきている。第3のプラットフォームでは、モバイル、ソーシャ...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
企業のイノベーション促進、リスク削減を実現する「アプリケーションのモダナイゼーション」とは?
 ITによるビジネス貢献への課題とは何か。以前から取り上げられてきたテーマだが、具体的な概念などが確立していたわけではなかった。しかし、ここにきて「アプリケーションのモダナイゼーション」という発想が注目されている。 アプリケーションのモダナイゼーションと...(2015/4/3 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
「データへの興味が最大のカギ」1人1人の「分析力」を上げることが、企業全体の競争力アップに
 企業にコンピュータが導入される以前から「情報分析」は会社の発展に欠かせないものであった。専門的な分析能力の高い人材がいて多様なノウハウを蓄積し、業務に応用することで、企業競争力が維持され、時代の変化にも対応してきた。そして現在、企業のシステム化が進み...(2016/2/10 提供:ウイングアーク1st株式会社)

レポート
財務部門が業務部門を支援するための、データ分析・インサイトの有効活用
 2014年のCFO Researchの調査では、大企業の上級財務担当役員331人の58%が「自社の情報システムを使い、効果的な意思決定に必要なデータを特定し、理解することは業務部門のマネジャーには難しい」と答えている。データの取得はセルフサービス方式で業務部門でも取得で...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
DevOps実現のために必要なアプローチとは
 今後、競争的優位性を実現するために、ソフトウェアの開発やデリバリーが重要である──そう感じている企業は多いが、ある調査では「自社のチームがそれを効果的に活用している」と考えた企業はわずか25%だった。ソフトウェアを効果的に提供する必要性と、それを行う能...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
突然のOpenStack導入プロジェクト発足、立ちはだかる“2つの壁”は超えられるか?
 OpenStack導入プロジェクトをスタートさせるとき、まず立ちはだかる2つの壁がある。1つは、導入によってビジネスにどんなメリットがあるのか、それをいかに示すかである。もう1つは、実際に本番環境で安定稼働させるには、どのようなシステム構成にすればいいのかという...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

レポート
モバイル活用の推進は経営層のテーマ、包括的モバイル戦略の策定はCIOだけの課題ではない
 モバイルが今後の企業の成長エンジンとなることは間違いない。それはかつてインターネットが登場してきた時代と似ている。しかし重要性については十分に認識していながら、包括的なモバイル戦略を資金面も含めてしっかりと策定している企業は意外に少ない。 ここでの“...(2015/5/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
マネージドサービスプロバイダーを選ぶための「10の条件」
 ある調査によると、成長計画に携わる70%のCIOが、「全てを組織内で用意するのではなく、新しいスキルと専門知識を求めて広く外部と提携すること」を選択している。 その際の、マネージドサービスプロバイダーを選択する条件は、社内で調達するよりも優れたスキル、プ...(2016/1/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
いまさら聞けない「サービスロボット」基礎
 これまで、ロボット市場の中心的存在といえば「産業用ロボット」であった。しかし、ソフトバンクロボティクスが手掛ける人型ロボット「Pepper」に代表される「サービスロボット」の登場により、“人間のパートナー”としてのロボットの新たな可能性が示されようとしてい...(2016/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
次世代サービスマネジメント製品導入戦略ガイド
 ITサービスマネジメントの未来は、マシンデータの静的な分析から動的なビッグデータ運用インテリジェンス分析、そしてリアルタイムで反応できるデータ分析に基づいて全く新しい製品を創出できる能力へと重点が移りつつある。 本稿では「デジタル・ディスラプション」に...(2016/3/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

事例
70%は現状に満足? 銀行・消費財製造・小売の事例からモバイル活用の実態に迫る
 2014年にスマートデバイスの利用者数は全世界でPCの利用者数を超え、企業はモバイル活用による「利用者視点に立ったビジネスの展開 = モバイルファースト」の実現が急務だ。この流れは、IoT(Internet of Things)により、あらゆる人やモノがネットワークに接続する...(2015/8/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ストレージインフラ選び5大条件、アプリのモダナイゼーション動向から探る
 アプリケーションの更新を怠ることは、ビジネスプロセスを非効率にし、それがサポートや保守費用の増加を生むなど、企業の利益に直接的な悪影響を及ぼす可能性がある。中で最も注意したいのは、クラウド、モバイル、ビッグデータなどビジネスにおける新しいトレンドへの...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
疲労寿命の予測ミスを90%削減――重機業界における製品ライフサイクル管理とは
 重機業界では、グローバル競争や生産性の向上といった製造業全体の問題に加え排出量の規制など新しく設けられる多くの要件を満たす新製品を提供、もしくは絶えず新しい要件を機械に組み込む作業をしなければならない。差し迫った課題は、開発・製造時間を大幅に短縮する...(2015/3/20 提供:シーメンス株式会社)

技術文書
製造業の成長戦略を加速する「5つのIT戦略テーマ」
 資源価格高騰、新興国の急成長、災害によるサプライチェーン途絶リスクの顕在化――。近年、製造業を取り巻く事業環境の変動の幅と速度が急速に大きくなっている。 こうした環境変化の中、事業構造を変革し、グローバル市場で勝てる製造業への変革を加速、実現するため...(2013/4/1 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
洞察力と予測分析能力がもたらす、ビジネスイノベーション IBM Cognos Business Intelligence
 本資料で紹介するIBM Cognos BIツールは、ビジネスインテリジェンス(BI)に広く一般的に求められる機能要件を満たすのみならず、全社規模での企業情報の分析・活用・共有を想定した基盤機能や、プランニング、シナリオモデル分析、リアルタイムモニタリング、コラボレ...(2015/4/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading