TechTargetジャパン

レポート
Predixの事例に学ぶ、日本企業のためのオープンイノベーション入門
 日本ではバズワードとして次々と消費され忘れ去られていった概念が世界ではきちんと積み上げられ、新しい競争モデル作りに活用されている。今回取り扱うのは、これらのうち「ビジネスエコシステム」「オープンイノベーション」など多くの人にとって聞き覚えのある概念だ...(2016/12/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
勇気ある前進で“スティーブ・ジョブズ氏”のようなイノベーションを起こす方法
 Appleでチーフエバンジェリストを務めたガイ・カワサキ氏は、“次の新しいもの”を売り込む経験を豊富に積んでいる。イノベーションの起こし方に関する同氏の考え方、イノベーションの極意とは。そして、IT部門が、変化に伴う混乱を受け入れながらやり方を変えていくに...(2016/8/25 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
イノベーションの実現を支える3D CADのあるべき姿と将来への構想
 2016年1月31日〜2月3日(米国時間)に開催された「SOLIDWORKS World 2016」(開催地:テキサス州ダラス)。 5000人を超えるユーザーが世界中から参加する“「SOLIDWORKS」の祭典”では、将来の設計・デザイン業界の変革を見据えた数々の新機能や新製品/ソリューション...(2017/2/2 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
自動車部品サプライヤーに課せられた現実とトレンド[調査レポート]
 昨今、自動車業界においてより重要な3つのトレンドとして、新しい燃費基準の達成、エレクトロニクスおよび組込みソフトウェアへの依存度の増加、および業界の成長への追随が挙げられる。 このようなトレンドから、自動車テクノロジーに根本的な変化が生じつつあり、自...(2015/3/10 提供:シーメンス株式会社)

技術文書
【中小企業白書】収益力の差は、「イノベーションへの意欲」?
 政府は2015年4月24日に2015年版「中小企業白書」(以下、白書)を公開した。2014年4月からの消費増税による個人消費の鈍化や、石油価格の高騰などの影響もあり、中小企業の採算は依然として厳しい状況あることが指摘されている。さらにグローバル化の進展に伴い、従来の...(2016/6/7 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月7日号:PC産業にイノベーションは残っているか?
 Computer Weekly日本語版 5月7日号は、以下の記事で構成されています。■ビッグデータ分析で犯罪の兆候を検出するMicrosoftデジタル犯罪対策部門 米Microsoftは、ビッグデータ分析を犯罪防止と対策に活用して成果を挙げている。ビッグデータ分析の可能性と、同社の活...(2014/5/7 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ビジネス拡大とイノベーションを加速させる「6つのIoTユースケース」とは?
 IoTは、膨大な数のデバイスやセンサーからの情報をインターネット経由で集積する技術だ。これによって世界中で移動を続ける製品や機器、そして消費者の情報を一括して入手できるようになり、加えてビッグデータ分析基盤の発展によって、ビジネス拡大やイノベーションに...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
これからの10年間を生き抜くための「3つの方向性」――IoT経済の変化に備える
 1970年代に進められた航空座席市場のデジタル化は、航空産業に大きな変化をもたらした。デジタル化以前の標準的な搭乗率は約55〜60%にすぎなかったが、デジタル化が進んだ現在の平均搭乗率は85〜90%近くにもなる。しかし、この変革により航空会社間の競争は激化し、多...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
製造業の生産拠点の配置戦略を一変させる「Next-shoring」ってなんだ?
 これまでの製造業は、生産拠点の配置戦略を立てる際に、需要と供給のニーズに対応できる近隣に配置することを優先してきた。しかし、需要がある場所の近くに拠点を配置することはいまだに重要だが、コスト効率を最優先にすることはあまり意味を持たなくなってきた。現在...(2015/7/8 提供:ポリコムジャパン株式会社)

製品資料
アイデアを迅速に製品化、コーディング不要の開発で生産性はどこまで上がる?
 近年、さまざまな分野で異業種からの参入企業や新規ベンチャーが産業を劇的に変革するような「デジタルイノベーション」を起こしている。このような変革をもたらす企業が強力な武器としているのがコーディング不要で開発が行える超高速開発ツールだ。 その中でも「Low-...(2016/10/24 提供:株式会社ビルドシステム)

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
世界大手の自動車部品サプライヤーが、製造品質を保つためにしていること
 70年以上にわたって世界大手の自動車部品サプライヤーの地位を保ち続けるRobert Boschでは、パフォーマンス、開発、生産、販売、マーケティング、購買、顧客サービス部門がさらなるイノベーションを目的に、グローバルなネットワークに緊密に統合されている。 このよう...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2015/12/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
洞察力と予測分析能力がもたらす、ビジネスイノベーション IBM Cognos Business Intelligence
 本資料で紹介するIBM Cognos BIツールは、ビジネスインテリジェンス(BI)に広く一般的に求められる機能要件を満たすのみならず、全社規模での企業情報の分析・活用・共有を想定した基盤機能や、プランニング、シナリオモデル分析、リアルタイムモニタリング、コラボレ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
エネルギー革新を実現するためのシミュレーションによるものづくり【自動車編・エレクトロニクス編】
 私たちの暮らしや企業活動は多くのエネルギーに依存している。今や先進国のほぼすべての人が持つようになったスマートフォンの後ろには大規模なクラウドやデータセンターが配備されており、莫大な電力を消費するとともに大量の熱を発している。 また、翌日配送やときに...(2016/12/1 提供:アンシス・ジャパン株式会社)

レポート
ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢
 分析技術の著しい進化は、データの利用価値を一変させた。分析可能な範囲が広がったことで、非構造化データを含む多種多様なデータが収集対象となり、多くの企業が競ってデータを蓄積するようになっている。その結果、ITインフラの主流となり始めたのが「データレイク」...(2017/2/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略
 ビッグデータ時代の分析モデルとして、多くの企業でデータ主導型ビジネスへの移行が進んでいる。この流れの中、ビッグデータ処理に最適な分析基盤として「Apache Hadoop」が注目されているが、そのオンプレミス導入には技術的・経済的に大きな負担が伴う。 特に社内で...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

事例
ハイアールの製品の市場投入期間が15%短縮!? PLMによる新たな開発プロセス
 世界有数の白物家電メーカーであり、中国一のブランド価値を持つHaier(ハイアール) Groupは、技術研究、製造業、商業、金融業に重点を置く多国籍企業へと大きく成長してきた。 Haier Groupの製品群には96のカテゴリ、15,100種類にも及ぶ仕様があり、ビジネスの大きな...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

製品資料
ITマネージドサービスのプロバイダー選びで考慮すべき「条件トップ10」
 企業がいま直面しているITの課題は、ハイブリッドクラウド活用、セキュリティや災害復旧への対応、デスクトップ仮想化、モバイル対応など、ビジネスをさらに推進するために、いかに新しいテクノロジーを効率的に導入していくかという点にある。同時に、その導入コストを...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
機能強化した「Autodesk Inventor」と「AnyCAD テクノロジー」
 本資料では、例として部品サプライヤーと組み立てメーカーの間の協調設計の効率化を図る「AnyCAD テクノロジー」について解説するとともに、革新的な製品を開発する「オートデスクのプロダクトイノベーションプラットフォーム」を紹介する。 「AnyCAD」は、他社製 3D C...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

事例
自動車ソフトウェア開発におけるALM〜先端技術を追求するボッシュの挑戦〜
自動車業界では、高度な技術イノベーションによって刻々と開発環境が変わっている。また、同時に自動車開発におけるニーズも課題も多様化している。グローバル化による競争の激化、環境への配慮、変わりゆく消費者行動への対応、自動運転やIoT…こうした課題に対し、「ソ...(2016/1/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
新たなイノベーションをいち早く開発に、短期でビジネス価値を向上させる方法とは
 クラウドやモバイルを効果的に活用したい。データをもっと経営に生かしたい――。そんなニーズを持つ企業は少なくない。従来、クラウドやモバイルの活用やデータ分析の支援システムを企業に取り入れる場合、膨大なコストが掛かってしまう。しかし、それらの導入コストが...(2015/11/20 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
トヨタIT開発センターのワークフロー刷新――わずか半年で経理業務を電子化
 トヨタの先進技術を担う「トヨタIT開発センター」。先端技術の探索や研究のため多くの研究者が国内外を飛び回る一方で、経理業務の煩雑化が課題になっていた。そこで、同社が導入したのが、Webを通じて稟議(りんぎ)や経費精算など多岐にわたる現場の業務を効率化する...(2017/2/1 提供:株式会社NTTデータビジネスシステムズ)

技術文書
3Dプリンタ製品導入戦略ガイド
 3Dプリンティング技術が成熟期を迎えている。本稿ではエンタープライズから中堅・中小企業に至るまで、3Dプリンタが業界をどうかき乱すかを予想し、次はどう展開するのか、CIOはどうすればイノベーションの波を活用してビジネスを成功に導く存在になれるのかを検証する...(2016/12/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月19日号:新CEOは迷走するMicrosoftを救えるか?
 Computer Weekly日本語版 3月19日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftの新CEOサトヤ・ナデラ氏に集まるIT業界の期待と課題 Microsoftの3代目CEOに就任したサトヤ・ナデラ氏。同氏は迷走中のMicrosoftを再生できるのか? IT業界各所から、Microsoftとナデ...(2014/3/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
食品飲料業界の課題に特化、固有の業界ニーズに対応するERPは何が違うのか
 食品飲料業界では、消費者の嗜好に合わせた商品開発のイノベーションスピードや、食の安全を守る法令へのコンプライアンス対応の両立が求められている。こうした業界固有のニーズを満たすには、汎用的なソフトウェアでは困難だ。 業界の特異性を理解したソリューション...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
クラウド型 CAD で機敏な設計を実現!導入メリットと事例を公開
 クラウドベースのサービスや 3Dプリンティングなど、最先端のテクノロジーがこれまでになく利用しやすくなったことで、新しいデザインをすばやく調査したりプロトタイプを作成できるようになった。特に小規模メーカーやスタートアップ企業での製品開発は、規模は小さ...(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

Loading