TechTargetジャパン

レポート
86カ国、1467の金融機関の預金口座を狙う「トロイの木馬」。その正体を暴く
 Webインジェクションによるソーシャルエンジニアリングやマンインザブラウザ操作に依存した高度な「トロイの木馬」攻撃は、主に金銭詐取という具体的かつ直接的な動機によって実行される。このような金融機関への攻撃は、グローバルでみれば減少しつつあるが、アジア地...(2015/5/8 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
バックドア型トロイの木馬をどう防ぐ? 「感染の連鎖」の仕組みと対策を解説
 企業の情報資産を守るために欠かせないのが、情報セキュリティへの取り組みだ。しかし昨今のマルウェアには、セキュリティ製品に検知されにくくするため、複数の回避手法が盛り込まれていることが多い。 例えば、Javaベースのバックドア型トロイの木馬「Adwind」であれ...(2017/5/30 提供:マカフィー株式会社)

レポート
シマンテック インターネットセキュリティ 脅威レポート(2007年1月〜6月の傾向)
 シマンテックは、世界中のインターネット上での脅威を網羅した最高レベルの統合性を誇るデータソースを構築している。「Symantec Global Intelligence Network」は、インターネット全体でのネットワーク活動を監視しており、180カ国を超える国々でネットワーク活動を監...(2007/11/12 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
“標的型トロイの木馬” ── サイバー脅威の新たな手口
 多くのIT担当者が“トロイの木馬”という攻撃の手法については認知しているが、「ユーザーは賢いので、メールが偽である場合はわかる」または「すでに適切なスパム対策がとられている」と考えている可能性が多い。 しかし最新の“標的型トロイの木馬”は実に巧妙化して...(2012/9/6 提供:シマンテックドットクラウド)

レポート
この一冊でセキュリティ最新動向が分かる  セキュリティ脅威レポート2017年版
 シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)が発行された。世界最大級の民間脅威情報収集ネットワークが157を超える国や地域の脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

レポート
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ
 本コンテンツは、シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)である。157を超える国や地域で脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析し、アナリストが以下のような調査...(2017/6/19 提供:株式会社シマンテック)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
モバイル端末の100台に1台は感染している? モバイルマルウェア脅威レポート
 2015年の調査によると、モバイルマルウェアの感染率は、監視されたモバイルデバイスの1.12%という高い水準にあった。特に金融サービス関連では、トロイの木馬、SMSスティーラー、プレミアムSMS/コール、スケアウェア、ランサムウェア、情報スティーラーが確認されてお...(2016/1/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ランサムウェア対策レポート 身代金を支払わないために知っておくべきこと
 近年、ランサムウェア、特に暗号化ランサムウェアが急速に普及し、世界中の組織にとって最大のサイバー脅威の1つになっている。この犯罪ビジネスモデルは、感染した組織の業務に甚大な被害をもたらすだけでなく、サイバー犯罪者にとって極めて効果的に利益を生み出すこ...(2017/3/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
クラウドセキュリティを全方位解説:機密データとパフォーマンスの守り方
 「Salesforce.com」「Office 365」「Box」といったクラウドアプリケーションの企業導入は、爆発的に広がっている。しかし、ほとんどのIT部門がビジネスメリットを考慮してクラウドベースのアプリケーションを評価および選択するのに対して、セキュリティやパフォーマン...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は?
 近年は多数のベンダーや新興企業から、マルウェア感染の阻止に向けたエンドポイントセキュリティ製品が次々と登場している。しかし、年間で数億にも及ぶマルウェアの亜種が発見される状況では、多くの製品に見られるような限定的な保護機能では十分な対策とはならない。(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
電子メール経由の攻撃手法を解説──なぜサンドボックスをすり抜けるのか
 電子メールは依然として企業に侵入するための効果的なメカニズムであり、標的型攻撃や高度な脅威で頻繁に悪用されている。従来の電子メールセキュリティソリューションはスピアフィッシング攻撃などの脅威の阻止を目的としていたが、標的型攻撃や高度な攻撃を検出して対...(2017/6/7 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
ランサムウェア攻撃はなぜ成功するのか? 手口の分析から見えた9つの対策
 2017年5月12日から世界中で猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」は、非常に強い感染力を持ち、国内でも多数の被害を出した。このようなランサムウェア攻撃が成功する背景には、企業のセキュリティを潜り抜けるテクニックを、技術力の低い攻撃者に販売するサービス...(2017/6/2 提供:ソフォス株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

レポート
ゼロデイ脆弱性トップ5──危険にさらされた期間とパッチ適用までの日数は?
 本書は、毎年発行されている脅威レポートの最新版『シマンテックウェブサイトセキュリティ脅威レポート 2015』だ。2014年に収集、分析されたサイバー攻撃、サイバー犯罪のデータに基づき、標的型攻撃、情報漏えいに関する最新動向を示している。特に以下の項目はランキ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
ハリウッドでも身代金被害 ランサムウェアの仕組みと対処方法を理解する
 2016年2月、ロサンゼルスのHollywood Presbyterian Medical Centerは、ランサムウェアでコンピュータネットワークを侵害し無効化したハッカーに、およそ1万7000ドルの身代金(ランサム)を支払った。2月5日に、従業員が病院のネットワークおよび電子医療記録システムに...(2017/1/6 提供:Intel Security)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/1/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
標的型攻撃は「出口対策」で防ぐ、端末のデータ可視化が迅速な対応を可能に
 これまでセキュリティ対策はファイアフォールやIDS/IPS、アンチウイルス対策など「入口対策」が主流だった。しかし、高度化・巧妙化する標的型攻撃に対抗するには入口対策だけでは不十分だ。その侵入を前提とした「出口対策」を組み合わせる必要がある。 その対策手法...(2017/3/31 提供:クロス・ヘッド株式会社)

事例
MDM(モバイル端末管理)導入済み端末、30日間の調査で発見された脅威の数は?
 モバイルマルウェア感染は、セキュリティリスクに対して無防備な企業だけの問題ではない。MDM(モバイルデバイス管理)やEMM(エンタープライズモビリティ管理)製品などを導入し、一般的には適切とされる管理をしている企業にも感染被害は実際に起きている。 フォーチ...(2016/6/8 提供:ルックアウト・ジャパン株式会社)

レポート
医療機関へのサイバー攻撃は避けられないリスク、データを確実に守る方法は
 もはや、医療機関を狙うサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。米国では2016年初頭に、医療機関への攻撃は1日に約4000件発生していたという。 医療機関のIT担当者は、他のサイバーセキュリティ脅威や攻撃と同様に、最善を尽くしてランサムウェア攻撃の...(2017/2/23 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
感染するたび姿を変える「ポリモーフィック型マルウェア」の防ぎ方
 2014年第4四半期、McAfee Labsでは1分当たり387件以上の新しいマルウェアサンプルを確認した。これを秒に換算すると、毎秒6件以上の割合になる。これは、新しい「Flame」「Stuxnet」などの悪質なマルウェアが1秒間に6個も作成されることを意味している。 またマルウェ...(2016/12/7 提供:Intel Security)

レポート
個人情報流出件数が多い業界ランキング、セキュリティ脅威の傾向と対策
 サイバー犯罪の手口の巧妙化が進む中、情報セキュリティ技術とのイタチごっこが続いている。個人を狙ったフィッシングから、組織を狙って巧妙に仕掛けられる標的型攻撃、さらにはIoTデバイスへの攻撃まで、攻撃者は価値のある情報や金銭を得られそうな対象であれば何で...(2016/11/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
Windows 10 Anniversary EditionでIT部門が悲鳴を上げる理由
新世代のWindowsが登場すると、個人ユーザーは積極的に導入する一方で企業ユーザーは導入に消極的になる。IT的好奇心が旺盛な個人ユーザー、特にパワーユーザーは新しいOSに導入した新しい機能をいち早く試してみたい。その結果、今使っているシステムに不具合が生じたと...(2017/1/14 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
検知できないマルウェアの侵入も許さない「エクスプロイト対策」とは?
 サイバー犯罪者の多くは、マルウェアを感染させるために「Adobe Flash」や「Microsoft Office」などの正規ソフトウェアのバグを利用する。このような脆弱性の情報は発見と同時に多くの攻撃者に拡散し、1つの脆弱性に対して膨大な数のマルウェアが作成される。 従来のマ...(2017/1/12 提供:ソフォス株式会社)

技術文書
ランサムウェアはなぜ防げないのか? 攻撃手法から導き出された9つの防御手順
 マルウェアに感染させることで重要なファイルへのアクセスを阻み、金銭の支払いを要求する「ランサムウェア」。ほとんどの企業が何らかのセキュリティ対策製品を導入しているにもかかわらず、この攻撃の被害が拡大していることには幾つかの理由がある。 最大の要因は...(2017/1/12 提供:ソフォス株式会社)

製品資料
「魔法の箱」? 基幹システム・リプレースの考え方が劇的に変わる
 ハードウェア保守契約終了に合わせて、基幹システムを5年ごとにリプレースするケースは多い。そしてOSやミドルウェア、さらにアプリケーションまでも一斉にバージョンアップしなければならず、思いのほか手間もコストも大きくなり、その割に新サービスや新技術へのキャ...(2017/1/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
少ない設備投資で標的型攻撃を元から断つ、セキュアブラウザでネットワーク分離
 標的型攻撃は高度化を続け、マルウェアの侵入を防ぐことはますます難しくなっている。主要な対策であるシンクライアント方式、マルウェア検疫方式、添付ファイル削除方式にも既に弱点が指摘され始めているが、それ以上の対策となると高すぎる設備投資コストがネックにな...(2016/12/21 提供:株式会社コネクトワン)

レポート
ゼロデイ脆弱性発見件数は前年比61%増──2014年度版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 2013年は、サイバースパイ、プライバシーに対する脅威、部内者の悪質行為が大きな注目を集めた。しかし 2013年末には、サイバー犯罪が依然として蔓延している現実を改めて示す事件も起きている。サイバー犯罪の脅威と被害は今でも企業や個人ユーザーの上に重くのしかか...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading