ベンダーとパートナーを組むのは難しいが、苦労は報われるColumn

CIOは、サプライヤーとの重要な関係を強化して貴重なパートナーシップへと発展させる戦略を取るべきだ。

2006年02月07日 09時49分 公開
[TechTarget]

 パートナーとしてのサプライヤーという考え方は、実際のビジネスの厳しさを経験したことがない学者の唱える絵空事に聞こえるかもしれない。だが、サプライヤーと対等の協力関係を結ぶことにはメリットがある。

 企業とサプライヤーがパートナーシップを築けば、サプライヤーは企業の業務の進め方に対する理解を深めることができ、両者はコスト削減や、サービスと品質の向上、さらにはイノベーションを通じて連携協力することができる。

 そして業務のアウトソーシングを進めると、企業はサプライヤーにより大きく依存することになる。重要なサプライヤーと距離を置いて付き合っていてはうまくいかない。成果の質を確保するには、信頼できるパートナーが必要だ。だが、どのようにパートナーシップを築くべきなのか。以下の3つの問いを考えることで見えてくるだろう……

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...