2006年02月07日 09時49分 公開
特集/連載

ベンダーとパートナーを組むのは難しいが、苦労は報われるColumn

CIOは、サプライヤーとの重要な関係を強化して貴重なパートナーシップへと発展させる戦略を取るべきだ。

[TechTarget]

 パートナーとしてのサプライヤーという考え方は、実際のビジネスの厳しさを経験したことがない学者の唱える絵空事に聞こえるかもしれない。だが、サプライヤーと対等の協力関係を結ぶことにはメリットがある。

 企業とサプライヤーがパートナーシップを築けば、サプライヤーは企業の業務の進め方に対する理解を深めることができ、両者はコスト削減や、サービスと品質の向上、さらにはイノベーションを通じて連携協力することができる。

 そして業務のアウトソーシングを進めると、企業はサプライヤーにより大きく依存することになる。重要なサプライヤーと距離を置いて付き合っていてはうまくいかない。成果の質を確保するには、信頼できるパートナーが必要だ。だが、どのようにパートナーシップを築くべきなのか。以下の3つの問いを考えることで見えてくるだろう……

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...