2006年03月30日 09時04分 公開
特集/連載

顧客データ統合プロジェクトが失敗する7つの理由Column

顧客データ統合(CDI)プロジェクトでは、人とプロセスと技術を変革させる必要がある。そのうちどれか1つを失敗しただけで、プロジェクト全体が失敗の危機にさらされる。プロジェクトが失敗する7つの理由を紹介しよう。

[TechTarget]

 サンフランシスコで開催されたCDI-MDM(顧客データ統合−マスターデータ管理)サミットでは、BEAシステムズやマイクロソフトなどからの出席者が、CDIプロジェクトの主要な落とし穴やベストプラクティスについて議論した。

 問題の第1は、CDIプロジェクトの基本となるデータモデルの問題をどのように解決すべきかだ。CDI-MDMサミットにおいても、この点が終始、議論の最大のポイントとなった。大手ベンダーは、ベンダーがあらかじめ開発したデータモデルを使用するよう推奨している。実際、既に何百件もの実装でそうしたデータモデルを上手に利用しており、各社のニーズに合わせてカスタマイズするのも簡単だ、という言い分だ。しかし、ベストオブブリード型のベンダーであるサイペリアンは、アプリケーションベンダーによって設計された、あらかじめ決められたタイプのデータモデルは、CDIプロジェクトの失敗の大きな要因になりかねないと反論している。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...