2006年06月07日 09時30分 公開
特集/連載

マイクロソフトの「本気」がユーザビリティを左右するマイクロソフトのストレージ戦略に迫る!【第1回】

「Windows Storage Server」のメジャーアップグレードに向けた準備が進む中、マイクロソフトは本気でストレージ分野のメジャープレイヤーを目指し始めた。そこで、マイクロソフトの今後のストレージ戦略を日米で追求する。第1回〜3回は米国よりのレポートである。

[ブラッド・オニール,TechTarget]

機能分野からマイクロソフトの戦略を把握する

 マイクロソフトがストレージ分野でビッグプレイヤーになりたいと願うのは、もちろん驚くことではない。しかし、マイクロソフトがEMC、ヒューレット・パッカード(HP)、IBM、ネットワークアプライアンス、シマンテックといった企業に対抗できるのだろうか。マイクロソフトがほかのIT市場で覇権を確立したことを考えれば、同社のストレージロードマップを詳細に検討したうえで、同社のストレージ戦略が最終的にどのようなものになるのか、そしてその中で同社がどのような技術やパートナーシップを利用するのかを判断する必要がありそうだ。マイクロソフトの成功は決して保証されているわけではないが、もし同社がその支配力をストレージ分野にまで拡大することができれば、その影響がエンドユーザーにも及ぶのは間違いないだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...