2007年07月19日 05時00分 UPDATE
特集/連載

中小企業は小回りで勝負モバイルCRMに目を向けるSMB

BlackBerryなどの携帯端末を使い、モバイルCRMを活用する中堅中小企業が増えている。

[Barney Beal,TechTarget]

 チャック・エドワーズ氏は、BlackBerryが自分の事業に欠かせないと思っている1人だ。そして同氏にとって、BlackBerryはCRMシステムにアクセスする手段ともなっており、同じような中小企業経営者が増えている。

 エドワーズ氏は、データベース管理・オペレーティングシステムサポートを手掛ける米Blue Geckoの社長として、常に顧客と連絡を取る必要がある。Blue Geckoはホスティングサービスを運営しており、顧客のシステムに問題があれば、すぐに同氏に連絡が来なければならない。

 「当社の業務では、顧客がわれわれを必要としているときに対応できることが大きな要素になる。顧客にとって最悪なのは、サポート部門に電話して混乱した印象を与えてしまうことだ」とエドワーズ氏。

 Blue Geckoの顧客の多くは社長であるエドワーズ氏にまず電話を掛けてくる。同氏はその電話を適切なサポート要員に回す必要があるが、今ではこれをCRM経由でできるようになり、CRMには自分の携帯端末からアクセスが可能だ。

 エドワーズ氏は、NetSuiteのオンデマンドアプリケーション経由でCRMとERPシステムを運営している。NetSuiteのアプリケーションは2007年5月、サードパーティーのアプリケーションデベロッパーを通じてBlackBerry、Windows Mobileデバイス、Palm Treoからもアクセスできるようになった。オンデマンド、つまりサービスとしてのソフトウェア(SaaS)CRMベンダーが、モバイルに向かう動きは加速している。2006年にはSalesforce.comEntelliumがモバイルバージョンをリリースした。モバイルCRMで収益増大を狙っているのは明らかだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。