2007年08月06日 21時35分 公開
ニュース

ウイングアーク、XPSファイル形式対応の業務帳票出力エンジンNEWS

Windows Vistaで実装されるXPS形式の帳票出力に対応する「SVF for XPS」を出荷開始

[TechTarget]

 ウイングアーク テクノロジーズは8月6日、XPSファイル形式に対応する業務帳票出力エンジン「SVF for XPS」を同日より出荷開始したと発表した。

 XPSファイル形式はシンクライアントによる運用や汎用的な印刷環境、セキュリティ強化、効率的な文書管理を可能にする次世代の電子ドキュメントフォーマットとして注目を集めており、また、Windows Vistaよりネイティブでサポートされている。SVF for XPSは、同社の帳票開発ツール「Super Visual Formade(SVF)設計部」や「SVFX-Designer」から出力された帳票データを受け取り、XPSファイル形式の帳票データを生成。これにより固有の環境に依存しないアプリケーション開発環境や標準技術によるデータファイル流通を採用するケースでも、これまでどおりの帳票運用を実現できるという。

 Webブラウザで文書を閲覧できるほか、クライアントPCにデータが保持されない帳票運用が可能なため、内部統制強化や情報漏えい抑止を促進。さらに、生成されるXPS文書を文書管理ツールと連携することで、文書の有効活用も実現できるとしている。価格は、Windows版とLinux版が80万円、UNIX版が120万円(ともに税別、1サーバ/1CPU)。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...