日本CA、ネットワークパフォーマンス管理ソリューションの最新版を発表NEWS

レポート機能の強化とポータル機能の追加により、使い勝手を向上

2007年08月30日 19時59分 公開
[TechTarget]

 日本CAは8月30日、「CA eHealth」の最新版「CA eHealth r6」を発表した。CA eHealthは、ネットワークのパフォーマンスを監視・分析し、ビジネスサービスに影響が出る前に問題を特定するネットワークパフォーマンス管理ソリューション。最新版ではレポート機能が強化され、ポータル機能が新たに追加された。

 レポート機能は、管理用ユーザーインタフェース「OneClick」により使い勝手を向上。ユーザーのグループ化やアカウント管理をより簡単に行えるようになり、人事や財務など、業務の観点から管理対象を定義できるため、ビジネスサービスの視点に基づいたキャパシティ分析が容易になるという。

 新たに提供されるポータル機能「Business Service Console」は、障害が発生した際に経営者やIT部門の責任者、担当者などの役割別に、その障害とITサービスとの関連性を可視化する。また、英語版では先行して提供されているレポートの作成・カスタマイズを強化するレポーティングエンジン「Report Center」の日本語版も今後提供される予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...