2007年08月30日 19時59分 公開
ニュース

日本CA、ネットワークパフォーマンス管理ソリューションの最新版を発表NEWS

レポート機能の強化とポータル機能の追加により、使い勝手を向上

[TechTarget]

 日本CAは8月30日、「CA eHealth」の最新版「CA eHealth r6」を発表した。CA eHealthは、ネットワークのパフォーマンスを監視・分析し、ビジネスサービスに影響が出る前に問題を特定するネットワークパフォーマンス管理ソリューション。最新版ではレポート機能が強化され、ポータル機能が新たに追加された。

 レポート機能は、管理用ユーザーインタフェース「OneClick」により使い勝手を向上。ユーザーのグループ化やアカウント管理をより簡単に行えるようになり、人事や財務など、業務の観点から管理対象を定義できるため、ビジネスサービスの視点に基づいたキャパシティ分析が容易になるという。

 新たに提供されるポータル機能「Business Service Console」は、障害が発生した際に経営者やIT部門の責任者、担当者などの役割別に、その障害とITサービスとの関連性を可視化する。また、英語版では先行して提供されているレポートの作成・カスタマイズを強化するレポーティングエンジン「Report Center」の日本語版も今後提供される予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...